協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 特集企画
  3. 北海道シリーズ・金脈発掘大作戦

競馬特集

北海道シリーズ・金脈発掘大作戦

2024年06月05日(水)更新

夏競馬到来!北海道シリーズの金脈ポイント伝授

ナカノ

カレンダー上では6月から夏競馬がスタート!

その中でも夏競馬の風物詩である北海道シリーズは、競馬JAPAN読者の皆さまも毎年大注目の勝負処ですよね、そこで今回は【漢の馬券伝道師・ブライアン梶田】さんに、北海道シリーズについて馬券ポイントを伺っていきますが、その前に!



ナカノ

今年はなんと、競馬JAPANオールスターで挑む、特別な夏になりそうなんです。もちろんブライアン梶田さんもプロジェクトに参戦されますよ!

ブライアン

俺が表向きに予想担当を始めたのが昨年9月から。つまり夏競馬の予想は初めてになるんだが、夏競馬、特に北海道シリーズは滞在競馬になる分、現地情報が重要になるからな。俺の情報力を生かせる、これ以上ない舞台だから相当気合が入っているぞ!

ナカノ

皆さまも待望の『北海道集中攻略プロジェクト』の詳細については、改めてお伝えしますので、必ずチェックして下さいね!

ナカノ

まずは北海道シリーズ序盤の函館開催から参りましょう。去年、【血統スナイパー・境和樹】プレミアム予想にて、馬連2点目1610円(購入割合指定25%指示⇒402.5%回収)、3連複1万0330円、3連単3万6490円の的中となった北海HCを例に取り解説をお願いします!

ブライアン

北海道シリーズは、オール洋芝&他場よりも涼しい気候という二点が大きな特徴

まず、オール洋芝と言う点に目を向けるべきで、特に函館はJRA全10場の中で最も重い芝に分類される。とにかく時計の速い今年の京都や、例年通りに高速馬場となっている東京とは求められる適性がハッキリ別なんだよな。

ナカノ

確かに今年の京都は異常なほど高速馬場だと競馬JAPANの各予想家から伺うことが多い印象です。つまり、東京や京都等で苦しんできた馬の巻き返しに期待できると。

ブライアン

もちろんそう。加えて言えば、ハナから主場だと勝負にならないとして、ココ北海道シリーズを虎視眈々と待っていた陣営も多い

実際、境が◎を打ったエルディアブロ(4人気2着)も前走の福島戦(4月)から東京なんかには目もくれずに函館参戦(6月)だった。「北海道登場を待っていた」と境自身も北の地でこそ絶好の狙い目だと確信していたって聞いているしな。

ナカノ

境さんは「サトルチェンジ母系の高い洋芝適性に注目」とも仰っていましたね。得意の血統分析と、陣営の思惑がピタリと嵌った見事な的中でした!

ブライアン

あと、涼しい気候と言う点もかなり重要だ。特に近年は酷暑に苦しむ馬、陣営が多いよな。人気馬がコロッと崩れるシーンも見られる。

だからこそ、「暑さに弱いので、少しでも涼しい北海道を随分前から待っていたんですよ。ココはなんとか走らせないと」と北海道シリーズが勝負という陣営が出てくるんだ。

ナカノ

なるほど、関係者と幅広い交友を持つブライアンらしい視点ですね。

ブライアン

オール洋芝という特異な舞台、そして涼を求めて北上してくるクチにとって、6月から始まる函館開催は待ち望んでいた舞台だ。

洋芝実績を持ち、なおかつ一息入れて北海道入りしてくる馬に注目すると美味しい馬券に繋がるはず。もちろん、馬柱だけでは判断できない分析は俺たちに任せてくれよな。

ナカノ

次に札幌開催です。去年の千歳特別は、【名前の出せない大物生産者?氏】のプレミアム予想にて馬連2点目7130円(購入割合指定25%指示⇒1782.5%回収!)、3連複5100円、3連単4万4970円のBIGヒット!

3連単の配当はもちろん、馬連での1782.5%回収には本当に多くの反響を頂きました!

ブライアン

さすがは大物生産者氏。生産界に幅広い人脈を持ち、業界屈指の相馬眼は本物だよな。

ナカノ

実際、◎を打たれたケイアイクビラについて、「馬のタイプからしてスプリント戦より1400m~1600mの方が向くタイプと見ており、距離延長自体もマイナスにはならない」と仰っていました。

過去のレースぶりはもちろん、馬体から適性を見抜いていたことでしょう。1200mから1500mへの距離延長となるタイミングで本命指名、8人気2着と最高の結果になりました♪

ブライアン

あと、1着▲ビジュノワール、3着○レッドシュヴェルトにも注目したい。ナカノさん、何か気付かないか?

ナカノ

え~と、そうですねぇ...。あ! 二頭共、東京での実績がある点じゃないですか?

ブライアン

その通り、やるじゃないか。

ナカノ

以前、「札幌はコーナー角が大きく、大箱向きのタイプが好走しやすい。特に東京での実績に注目」と教えてもらいましたからね~。

ブライアン

そう、札幌では大箱向きのクチが狙い目

札幌って未だに小回りってイメージが世間的にはあるらしいが、実は大回り。だからこそコーナー角の大きい東京での実績が直結するんだ。

ナカノ

先ほどのビジュノワールとレッドシュヴェルトは東京での実績がありました。しかも二頭とも、後に東京で勝利を挙げています。

やはり札幌と東京は線でつながっていると見て間違いなさそうですね!

ブライアン

そうだな。

意外と札幌=小回りって勘違いしている人たちが多いんで、金脈発掘のチャンス大だ。

ナカノ

これをご覧になっている皆さんだけは、“札幌=大回り”としっかり覚えてしまいましょうね!

それでは、競馬JAPANと共に夏の北海道シリーズをアツくお楽しみください!