今週の重賞見解

札幌11R クイーンS(GⅢ)
①テルツェット
和田正一郎 厩舎/池添謙一 騎手

  • 断然人気のウォーターNも軽視!
  • 前年に続いて勝ち馬に◎!更に8人気2着を高配当の使者に指名!
  • 810倍を本線で!夏競馬は競馬JAPANにお任せ下さい!

1,2番人気が共に馬券外に沈んだ桜花賞で我々重賞特捜班が◎を託し、万券的中の立役者となった⑩ウォーターナビレラが参戦。裸同然の52キロという事もあり世間の人気はここに集中している。

しかし、確かに前走のオークス程ではないとはいえ、マイルでもギリギリという我々の見立てからすると1800mの距離に不安がある事は事実。更に今回は秋華賞への叩き台という側面が強く、追い切りも攻め不足と言わざるを得ない内容。

それでも斤量差と成長力で古馬を凌駕する可能性も考えられるが、これだけ不安要素を抱える馬が現在2倍台の1番人気。今回は頭無しの押さえまでの評価として馬券は別の馬から入りたい。

変わって◎を託すのが、昨年のクイーンSでも◎を打った①テルツェット。

そのクイーンS以降勝ち星から遠ざかっているものの、3走前は適性外の2200m、2走前は56.6キロで最後方大外回しで成す術無し、前走も家賃の高いGⅠ戦といずれも情状酌量の余地のある敗戦。それでも前走のヴィクトリアマイルでは上がり最速の32.9秒をマークするなど、依然秘めたる決め手は牝馬限定のGⅢなら最上位だ。

重賞2勝がいずれも小回りで、昨年も馬群を捌く競馬での差し切り勝ち。ワンターンの東京よりもコーナー4つの札幌向きである事は明白で、土曜の札幌芝のレース7鞍中6鞍で連対を果たした1枠ゲットも、今の内有利の馬場傾向を思えば大きな強調材料。函館&札幌の変則連覇を支持する。

ハマればここでも突き抜けるだけの爆発力を秘める③ホウオウピースフルは、洋芝で未だ底を見せていないという点からも引き続き警戒必須。

揉まれない形で運べば渋太い②ローザノワールは、ハナ濃厚且つ馬場の良い内を通り続ける事が出来るという点で前走に続いての連続好走の期待十分。

高配当の使者として取り上げるのが昨年3着の④サトノセシル。フランケル産駒でパワーを要する洋芝替わりのここが狙い時。


的中買い目・配当
馬連①④
6320円[的中]

3連複①②④
1万2500円[的中]

3連単①④②
8万1050円[的中]
出馬表・オッズはこちら
※馬番は予想家の評価順となっております。ご注意下さい。
馬連
1-3
1-2
1-10
1-4

1-6
1-12
1-5



3連複
[1頭目]1
[2頭目]3.2.10
[3頭目]3.2.10.4.6.12.5.7
(フォーメーション 18点)
3連単
[1着]1
[2着]3.2.10.4
[3着]3.2.10.4.6.12.5.7

[1着]3.2
[2着]1
[3着]3.2.10.4.6.12.5.7
(フォーメーション 42点)



競馬JAPANに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。当方では購入代行などは行っておりません。
競馬法第28条により、未成年者は勝馬投票券を購入し、又は譲り受ける事は禁止されております。
※弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人にあるものといたします。