競馬成駿本紙 厳選買い目

東京8R 3歳上2勝クラス
⑮アルファマム
佐々木晶三 厩舎/戸崎圭太 騎手

  • 名手の全力投球を狙い撃ち!
  • 1番人気の評価を下げての攻め予想で大本線!
  • 馬連625%回収!3単は2万超えの特大HR!

前走が勿体無い競馬だった⑮アルファマム、捲土重来の東京遠征を狙い撃つ。

昇級緒戦からメンバー最速の上がりを駆使し、改めて末脚性能の高さを示した前走。しかし、そのレースといえば、 直線で進路取りを誤り、追い出しが遅れるロスがあっての2着。メドが立ったと喜ぶ声はなく、取りこぼしたという無念の思いは強かった。それだけに、今度こその意気込みは強いこの一戦。時計が掛かって差しも利く今の東京ダートはお誂え向きの設定と言える。

また、戸崎起用も心強い。
この下半期、リーディング獲得に意欲を燃やし、GⅠ騎乗より勝ち星量産を優先している戸崎。GⅠ裏での騎乗を徹底しており、たとえば、エリザベス女王杯ではライラックの依頼を断って東京居残りを決めている。それだけに、ひと鞍への執着は相当なもの。特に、勝ち負けを狙えるレベルの馬ならなおさら。名手の全力投球が担保されている点は心強い。

さて相手関係。

前走時計優秀、まだ奥がありそうな①ホワイトガーベラとの一騎打ちが本来なら濃厚な鞍。しかし、その①ホワイトガーベラが最内枠を引いたことで、俄然、妙味は増している。
スタートしてから最初のコーナーまでの距離が短い東京ダ1300mは、最内枠の立ち回りが極めて難しい。被されたくなければテンに無理をしなければならず、控えれば外から殺到されてどこまでも位置が下がってしまうから。
①ホワイトガーベラは、当地で最内枠克服の実績があるものの、今回は昇級で相手強化。さらに、ちょうど隣にハナ切り希望の②アーサーテソーロがいる並び。好走して不思議ない能力は認めても、馬券的には少々評価を下げたいところ。

そこで、 ⑥プレシオーソと⑩マイステージの2頭を大本線に据えた差し差し決着が攻めの一手。

あとは⑬ダイチヴィヴァン。使い詰めは気になるが、次走で好時計楽勝のメイショウフジタカを負かした前走が想像以上の強さ。充実一途の今なら、ここでも侮れない。


的中買い目・配当
馬連⑩⑮
2500円[的中]
3連単⑮→⑩→⑥
2万1990円[的中]
出馬表・オッズはこちら
※馬番は予想家の評価順となっております。ご注意下さい。
馬連
6-15(25%)
10-15(25%)
1-15(20%)
13-15(10%)

2-15(10%)
9-15(10%)



3連複
[1頭目]15
[2頭目]6.10.1
[3頭目]6.10.1.13.2.9.5
(フォーメーション 15点)
3連単
[1着]15
[2着]6.10.1.13
[3着]6.10.1.13.2.9.5

[1着]6.10
[2着]15
[3着]6.10.1.13.2.9.5
(フォーメーション 36点)

競馬JAPANに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。当方では購入代行などは行っておりません。
競馬法第28条により、未成年者は勝馬投票券を購入し、又は譲り受ける事は禁止されております。
※弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人にあるものといたします。