今川秀樹厳選買い目

中京11R セントウルS(GⅢ)
⑫ファストフォース
西村真幸 厩舎/団野大成 騎手

  • ・盲点の穴馬からテクニカルヒット!
  • ・重賞で805%回収実現!

21年のCBC賞を52キロで制して以来勝ち星から遠ざかっている⑫ファストフォース。

特に近走は7着→9着→9着→12着→10着と惨憺たる成績。しかし、今回は一変の可能性がありそうだ。

根拠は3走前の高松宮記念。
ナランフレグがラチ沿いから突き抜けたレースだが、こちらは外枠から終始外4頭目を回す極めて厳しい形を強いられながらも勝ち馬から0.3秒差。
今回抜けた人気が予想される⑤メイケイエールには地力でねじ伏せられたが、この馬としては上々の内容だったと言える。少なくとも能力の衰えは感じられない。

そこで改めて凡走ラッシュの内容を紐解いてみると、前走・前々走は小倉の超ハイペースで外枠を引かされて外を回される厳しい形。ハンデ戦という事も辛かった。
4走前のオーシャンSは、馬群で控える形。差す形で持ち味が生きるタイプではないので、度外視でいい。5走前の阪神Cは1400m戦。1F長かったのだろう。6走前の京阪杯は、外差し馬場の中でハナを切り3着。1・2・4着馬がいずれも道中10番手以降という事を考えれば内容は濃い。

これらを総合すれば、テンが速くなりすぎない条件でハナないしは揉まれない番手を確保できればまだまだ重賞でも通用すると結論づけられる。

今回は②シャンデリアムーンはテンが速く、斎藤新騎手が鞍上の際はしっかり主張してくるのでハナを奪える可能性は低いが、ほかに速い馬は不在。これならば外から揉まれない番手は確保できるだろう。ハマれば押し切りのチャンスも十分と見る。


的中買い目・配当
馬連⑤⑫
1610円[的中]
3連単⑤⑫⑦
1万3980円[的中]
出馬表・オッズはこちら
※馬番は予想家の評価順となっております。ご注意下さい。
馬連
5-12(50%)
8-12(20%)
7-12(20%)
11-12(10%)



3連複
[1頭目]12
[2頭目]5.8.7.11
[3頭目]5.8.7.11.6.9
(フォーメーション 14点)
3連単
[1着]12
[2着]5.8.7.11
[3着]5.8.7.11.6.9

[1着]5.8
[2着]12
[3着]5.8.7.11.6.9
(フォーメーション 30点)

競馬JAPANに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。当方では購入代行などは行っておりません。
競馬法第28条により、未成年者は勝馬投票券を購入し、又は譲り受ける事は禁止されております。
※弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人にあるものといたします。