柴田卓哉厳選買い目

新潟6R 2歳新馬
⑨ニシノコウフク
伊藤大士 厩舎/三浦皇成 騎手

  • ・あえて世評に逆らい、自身の目を信じた会心予想!
  • ・現地で見たからこその◎は7人気!

この時期の新潟、新馬戦に共通しているのは、栗東からの遠征馬が支持を集める傾向。勿論、乗り込み量や時計面から、注目が集まって然るべき。ただし、その反面、影に隠れがちな関東馬には配当面でのメリットがある。

この牝馬限定戦、その最たるが⑨ニシノコウフク。

牝馬ながら骨格がシッカリしている分、見た目は太いし、実際に余裕残しの仕上げといった点は打ち消せない。しかし、前後のバランスに秀でている上に、それを存分に伸ばし切る身のこなしには素質を感じる。

そもそも、大柄のわりに手先の軽さを生かした感じで体を運ぶから、力を要するDWは苦手の筈。にも関わらず、追えば追うだけ相手に食い下がっての1F11.7秒が1週前と、守備範囲自体が広い。
極めつけが、流す程度だった芝コース。4Fからの行き出しといった終い重点だけに、突出した時計ではなかったが、目一杯になる外を尻目にシャープな捌きと実にメリハリがあった。

要するに、高速ターフの目下にマッチしているということ。適性と身体能力に一日の長がある。

相手本線は②アルヴィエンヌ。
東京開催の新馬に間に合うように調整が進められたが、生憎の除外。そこで見切りをつけた分、再入厩からの期間が短いように、少々急がされるような仕上げ。
それでも、以前から見せつけている切れのある動きは秀逸。特に、3頭併せの繰り返しで、確実に進歩したのが追い切り。追い比べになったラストでは内と外の古馬をアッサリと置き去りに。ハミに反抗するシーンを時たま覗かせる面には目を瞑っての主力扱い。

以下にはやはり関西馬で、その筆頭が⑰ミッキーマカロン。
坂路に移ったラスト2週でいずれも52秒台と一気に良化。ラーゴムの下といった血筋にも信頼を置いて良い。
先週のデビュー戦で3着だったアームズレインを凌ぐ内容を重ねた⑤ミタマ共々、上位を窺うポジションにいる。


的中買い目・配当
馬連⑤⑨
3690円[的中]
3連単⑨⑤②
4万9640円[的中]
出馬表・オッズはこちら
※馬番は予想家の評価順となっております。ご注意下さい。
馬連
2-9(30%)
9-17(20%)
5-9(15%)
6-9(15%)

9-11(10%)
9-14(10%)
9-13(10%)



3連複
[軸馬]9
[相手]2.17.5.6.11.14.13
(軸1頭ながし 21点)
3連単
[1着]9
[2着]2.17.5.6
[3着]2.17.5.6.11.14.13

[1着]2.17
[2着]9
[3着]2.17.5.6.11.14.13
(フォーメーション 36点)

競馬JAPANに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。当方では購入代行などは行っておりません。
競馬法第28条により、未成年者は勝馬投票券を購入し、又は譲り受ける事は禁止されております。
※弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人にあるものといたします。