協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 重賞トレンドジャッジ
  3. 東京新聞杯:重賞トレンドジャッジ

重賞データ

東京新聞杯2024|東京1600mの舞台にGⅠ級のメンバーが集結!狙いたい”差し”の有力候補をピックアップ!出走予定馬/予想オッズ

東京新聞杯 (GⅢ)
2月4日(日)東京芝1600m

馬名 性齢 想定情報
騎手 オッズ
マスクトディーヴァ 牝4 岩田望来 3.1
ジャスティンカフェ 牡6 坂井瑠星 3.3
ウンブライル 牝4 C.ルメール 8.4
アヴェラーレ 牝6 R.キングスコート 9.8
マテンロウスカイ セ5 横山典弘 12.6
トゥードジボン 牡5 藤岡佑介 15.2
ウインカーネリアン 牡7 三浦皇成 18.7
カルロヴェローチェ 牡4 菅原明良 24.9
コナコースト 牝4 戸崎圭太 26.0
サウンドビバーチェ 牝5 浜中俊 29.3
ホウオウビスケッツ 牡4 岩田康誠 32.1
フリームファクシ 牡4 ○○ 36.3
サクラトゥジュール 牡7 R.キング 43.5
アスクコンナモンダ 牡5 横山武史 47.0
ルージュリナージュ 牝5 横山和生 62.2
ダノンタッチダウン 牡4 北村友一 68.9
ライトクオンタム 牝4 大野拓弥 70.5
セッタレダスト 牡5 津村明秀 94.0
マテンロウオリオン 牡5 田辺裕信 105.8


ブライアン

今年の東京新聞杯は、なかなかの好メンツが揃ったな。春のヴィクトリアマイル、安田記念、秋のマイルCSと、今後のマイルGⅠに繋がりそうな一戦で注目必須だ。

また、去年の当レースで前半5F57.1秒と飛ばしながら逃げ切ったウインカーネリアンが、今年もある程度のペースで行きそうだな。

境和樹

ウインカーネリアンは前走のBCマイルでもハナを切りましたし、今回もゲートさえ決めれば逃げそうですね。スローに落とし込むより、淀みないペースを刻んで後続に脚を使わせる競馬が濃厚でしょう。

ブライアン

そうだな。となると前々で立ち回るクチは地力がないと苦しいかもしれない。人気薄なら、序盤は控えて脚を温存する差し勢に注目したいな。

もちろん、馬場傾向のチェックは必須。超高速馬場で内前断然有利となったら狙いを切り替える必要があることをお忘れなく!

東京新聞杯[GⅢ]
ブライアン梶田の事前注目馬
ジャスティンカフェ 牡6
(安田翔伍 厩舎/坂井瑠星 騎手)

まず有力所からはジャスティンカフェだな。

2走前の毎日王冠7着は完全に展開不向き。前走のマイルCS3着こそが真の姿だ。しかもレース上がり2F11.5→11.2秒と加速した中、ラスト1F地点から「オッ!」と言わせる伸び脚を披露。脚力は優にGⅠ級だぜ。

あとこの馬、我が強くて相当乗り難しいタイプだったんだが、調教とレースで我慢させることを徹底的に教え込まれてきた今、追い込み馬として完成形に近づいてきたんだよ

春の大目標は安田記念だろう。GⅠ獲りにむけてココでも恥ずかしい競馬はできないな。

サクラトゥジュール 牡7
(堀宣行 厩舎/R.キング 騎手)

サクラトゥジュールの巻き返しにも注目だ。

前走の中山金杯が、ちょっと残念な競馬でな。最初のコーナーに入る時に、かなりゴチャついて大きくリズムを崩しちまったんだ。その後は折り合いに苦労と、まったく力を出し切れず。ゆえに12着という字面で人気急落するココは狙う手が成立する

3走前のメイSは完勝だったし、当時の走りを見るにGⅢなら十分に通用。軽視禁物だから覚えておいてくれよ、穴で期待だぜ!

東京新聞杯[GⅢ]
境和樹の事前注目馬
マスクトディーヴァ 牝4
(辻野泰之 厩舎/岩田望来 騎手)

まずは母母ビハインドザマスク譲りの強烈な末脚性能を持つ、マスクトディーヴァに注目です。

前走の秋華賞2着は、4角から直線入り口にかけて囲まれていた点が痛恨。仮に大外を回りながら一気に加速できていたら、ひょっとしたら番狂わせがあったかもしれません。

再戦があるかは微妙ですが、リバティアイランドを負かし得る存在だとさえ思っています。今後の活躍が非常に楽しみですし、相当強いはずですよ。

アヴェラーレ 牝6
(木村哲也 厩舎/R.キングスコート 騎手)

アヴェラーレの前走・京都金杯は、内前有利の中で大外枠から差す競馬と、完全にノーチャンスの形。4着なら負けて強しとさえ言えますね。

また、戦歴の大半を左回りが占めている通り、明らかに左回りベターなタイプ。右回りの前走から条件好転となる今回は狙って面白そう。

6歳牝馬ですから、クラブ規定でここがラストランとなる可能性もあります。悔いのない走りに期待ですね。



ブライアン

好カードの東京新聞杯はもちろん、京都で行われるGⅢきさらぎ賞も東スポ杯3着馬ファーヴェントを筆頭に少数精鋭が集う。

2016年にはサトノダイヤモンドが制し、皐月賞3着、ダービー2着、そして菊花賞&有馬記念を制覇。今年、久々にクラシックを盛り上げる逸材が現れるか必見だ。


もちろん、馬券も獲りたいところだよな。競馬JAPANはGⅢきさらぎ3年連続的中と相性バツグン。


俺も今年、フェアリーSのイフェイオン(5人気1着)、愛知杯のタガノパッション(8人気2着)、さらに27日の東京9Rでハチメンロッピ(6人気1着)などと乗っているんだ。

俺たちと一緒にデカくデカく儲けよう!共に戦っていこうぜ!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line