協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 重賞攻略プロセス
  3. 京都金杯:重賞攻略トリプルトレンド
  4. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

重賞データ

京都金杯2022予想|昨年100万馬券に導いた2つの激アツトレンド!出走予定馬/予想オッズ

このページでは1月5日(日)に中京競馬場で行われる京都金杯2022の予想に役立つ情報をたっぷりお届けします!

ツカゴシ

競馬JAPAN編集部のツカゴシです!今週は2022年の開幕を告げる名物重賞京都金杯を取り上げます!

京都金杯もトリプルトレンド共に攻略しちゃいましょう!

京都金杯2022予想
【枠順確定】出走馬

京都金杯 (GⅢ)
2022/01/05(水)
京都芝1600m 出走頭数:16頭

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 ヴィジュネル 牡4 54.0 藤岡康 渡辺薫
2 バスラットレオン 牡4 55.0 坂井瑠 矢作芳
3 サトノフェイバー 牡7 57.0 古川吉 南井克
4 ダイアトニック 牡7 57.5 岩田康 安田隆
5 ディアンドル 牝6 55.0 Cデム 奥村豊
6 シュリ 牡6 57.0 武豊 池江泰
7 ザダル 牡6 57.5 松山弘 大竹正
8 ルークズネスト 牡4 55.0 泉谷楓 浜田多
9 クリノプレミアム 牝5 52.0 江田照 伊藤伸
10 カイザーミノル 牡6 56.0 横山典 北出成
11 ダイワキャグニー セ8 57.5 幸英明 菊沢隆
12 エアロロノア 牡5 56.0 岩田望 笹田和
13 ヴェロックス 牡6 57.0 浜中俊 中内田
14 トーラスジェミニ 牡6 57.5 原優介 小桧山
15 ステルヴィオ 牡7 58.0 和田竜 木村哲
16 メイケイダイハード 牡7 55.0 酒井学 中竹和

京都金杯2022予想
有力馬分析

アンドラステ

想定1番人気
アンドラステ (川田)
中内田厩舎 [戦績:5-4-2-4]
前走:ターコイズS2着

昨夏の中京記念で念願の重賞タイトルを手にしたアンドラステ。ここ2戦はゴール寸前で差し馬の台頭を許し連続2着という結果に終わっています。今回は中京記念で手綱を取った川田騎手を再び配して必勝態勢。クラブの規定で3月での引退が決まっている馬なだけにもう一つのレースも落とす事はできません。

チェックポイント

今年も中京開催!
テーマは左回りと開幕週

昨年同様、京都競馬場改修工事の影響で中京競馬場を舞台に行われる京都金杯。昨年の上位陣の顔ぶれを見てみると、勝ち馬ケイデンスコール、2着ピースワンパラディは共に左回り巧者として名を馳せた馬であり、穴を開けた3着のエントシャイデンは逃げ馬でした。テーマはズバリ左回り適性と、開幕週で先行有利。この2点ではないでしょうか。

トーラスジェミニ

想定2番人気
トーラスジェミニ (原)
小桧山厩舎 [戦績:8-0-1-22]
前走:毎日王冠11着

昨年の安田記念で強敵相手に5着に善戦したトーラスジェミニ。重賞初制覇を果たした七夕賞は福島2000mが舞台でしたが、昨年のベストパフォーマンスはやはりあの安田記念。今回の1600mの距離がベストである可能性は十分あるでしょう。開幕週の前有利の馬場を味方に、粘り込みを図ります。

チェックポイント

高齢馬はノーチャンス
勝ち馬は6歳まで

スピードの問われるマイル戦という事もあってか、京都金杯は若い馬が好成績を残すレースです。過去10年の勝ち馬の内訳を見てみると、4歳が4勝、5歳が4勝、6歳が2勝。7歳以上の馬は過去10年で【0.2.3.41/46】で勝ち馬は一頭も出ていません。トーラスジェミニは22年で6歳ですから、ギリギリセーフといった所でしょうか。

ツカゴシ

秋GⅠ連戦連勝が続く競馬JAPAN!

ホープフルSでも3連単2万7610円を仕留め、2021年を見事万馬券で締めました!

競馬JAPAN
ナカノ

この秋のGⅠで数多の万馬券をお届けしてきた競馬JAPAN俊英予想家の印と見解で、2022年のダブル金杯からスタートダッシュを決めましょう!

ツカゴシ

東大卒・水上学を筆頭に豪華予想陣が集う我々競馬JAPANでは"今だけお得なキャンペーン実施中!

競馬JAPANが発行するWEB競馬新聞「競馬成駿」を日本ダービーまで重賞全レース無料公開!

もちろん今週行われる京都金杯の最終印◎○▲も今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
京都金杯の最終印◎○▲を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

早く登録した分だけ多くの予想をご覧いただけます!

是非この機会にお試しください。お待ちしてます!

京都金杯2022予想
データ分析

人気別成績
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-1-1-5/10 30.0% 40.0% 50.0%
2番人気 0-3-0-7/10 0.0% 30.0% 30.0%
3番人気 3-1-0-6/10 30.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1-1-0-8/10 10.0% 20.0% 20.0%
5番人気 1-1-2-6/10 10.0% 20.0% 40.0%
6番人気 1-2-0-7/10 10.0% 30.0% 30.0%
7番人気 0-0-3-7/10 0.0% 0.0% 30.0%
8番人気 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気〜 1-1-4-69/75 1.3% 2.7% 8.0%

▶京都金杯の人気別成績(過去10年)

1人気の複勝率は50%と、中山金杯に比べると信頼度が低いのが特徴。昨年は二桁人気の馬が2頭馬券になる大波乱の結果となりました。とはいえ、8.9人気の馬が一頭も馬券になっていない事からもわかる通り、基本的には上中位人気の馬で決着する事が多いレースです。

枠順別成績
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 3-2-1-13/19 15.8% 26.3% 31.6%
2枠 3-2-0-14/19 15.8% 26.3% 26.3%
3枠 1-2-2-14/19 5.3% 15.8% 26.3%
4枠 1-1-3-15/20 5.0% 10.0% 25.0%
5枠 0-0-2-18/20 0.0% 0.0% 10.0%
6枠 2-0-0-18/20 10.0% 10.0% 10.0%
7枠 0-1-1-21/23 0.0% 4.3% 8.7%
8枠 0-2-1-22/25 0.0% 8.0% 12.0%

▶京都金杯の枠順別成績(過去10年)

10年中9年が京都開催での物なので数字は参考程度に。ただ、京都開催時と同じ開幕週で行われる為、内枠有利の傾向は中京開催でも変わらないでしょう。事実、昨年も1枠のケイデンスコールが大波乱を起こしました。ただでさえ内枠有利の中京芝ですから、開幕週に行われる京都金杯は内枠の馬を重視すべきと言えるでしょう。

脚質別成績
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-0-2-7/10 10.0% 10.0% 30.0%
先行 3-2-4-26/35 8.6% 14.3% 25.7%
中団 4-6-4-57/71 5.6% 14.1% 19.7%
後方 2-2-0-45/49 4.1% 8.2% 8.2%

▶京都金杯の脚質別成績(過去10年)

こちらも数字のほとんどが京都開催時の物ですので参考程度に。昨年は1〜5着を4角5番手以内の馬が独占と、開幕週の中京らしく先行馬の台頭が目立ちました。今年も先行馬の一発に要警戒です。

京都金杯2022予想
重賞攻略トリプルトレンド
1月4日(火)更新

ツカゴシ

競馬JAPAN編集部のツカゴシです!競馬JAPAN編集部のツカゴシです!

今週は京都金杯を取り上げます!1年の計は金杯にあり!今年の金杯はトリプルトレンド共に攻略しちゃいましょう!

京都金杯の
トリプルトレンドがコチラ
↓↓↓

  1. 01中京+開幕週=内枠有利
  2. 02トップハンデが苦戦
  3. 03中京1600mはロードカナロアの庭

GⅠ攻略トリプルトレンド①
中京+開幕週=内枠有利

中京の開幕週に行われた昨年の京都金杯は内枠の馬が上位を独占。今年も中京の開幕週で行われる以上は、やはり内枠の馬を無視する事はできません。

年度 着順 馬名 枠番
21年 1着 ケイデンスコール 1枠2番
2着 ピースワンパラディ 2枠4番

▶昨年の京都金杯の1,2着馬をその枠順

ご覧の通り、1,2枠の馬が上位を独占!12人気の勝ち馬ケイデンスコールも1枠の利を最大現に活かす競馬で大波乱を演出しました。ただでさえ内枠有利の傾向にある中京コースの開幕週。今年の京都金杯も内枠勢に爆走に要注意です。

1,2枠

  • ヴィジュネル
  • バスラットレオン
  • サトノフェイバー
  • ダイアトニック
ツカゴシ

秋GⅠ連戦連勝が続く競馬JAPAN!

ホープフルSでも3連単2万7610円を仕留め、2021年を見事万馬券で締めました!

競馬JAPAN
ナカノ

この秋のGⅠで数多の万馬券をお届けしてきた競馬JAPAN俊英予想家の印と見解で、2022年のダブル金杯からスタートダッシュを決めましょう!

ツカゴシ

東大卒・水上学を筆頭に豪華予想陣が集う我々競馬JAPANでは"今だけお得なキャンペーン実施中!

競馬JAPANが発行するWEB競馬新聞「競馬成駿」を京都金杯からダービーまで重賞全レース無料公開!

もちろん今週行われる京都金杯の最終印◎○▲も今なら"無料"でゲットできちゃいます!

豪華予想陣が集結!
京都金杯の最終印◎○▲を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
ナカノ

早く登録した分だけ多くの予想をご覧いただけます!

是非この機会にお試しください。お待ちしてます!

重賞攻略トリプルトレンド②
トップハンデが苦戦

京都金杯はトップハンデの馬が不振傾向です。

下記は京都金杯過去10年のトップハンデ馬の成績です。

年度 着順 馬名 斤量
21年 12着 サトノアーサー 57.5kg
20年 2着 ダイアトニック 57kg
12着 ストロングタイタン 57kg
19年 10着 スマートオーディン 57kg
13着 ロードクエスト 57kg
18年 2着 クルーガー 57.5kg
13着 ウインガニオン 57.5kg
17年 3着 フィエロ 57.5kg
16年 10着 トーセンスターダム 57.5kg
16着 ダイワマッジョーレ 57.5kg
15年 5着 グランデッツァ 57.5kg
14年 3着 ガルボ 58kg
11着 マイネルラクリマ 58kg
13年 2着 トライアンフマーチ 58kg
12年 14着 ビッグウィーク 58kg
16着 シルポート 58kg

▶京都金杯過去10年におけるトップハンデ馬の成績

過去10年にけるトップハンデ馬の成績は【0-3-2-11】で57.5kg以上に限れば【0-1-2-8】と過去10年で連対馬は1頭のみなんです。トップハンデがどの馬になるのかはもちろんの事、その斤量にも注目です。

トップハンデ馬

  • ステルヴィオ(58kg)

重賞攻略トリプルトレンド③
中京マイルはロードカナロアの庭

昨年同様、京都競馬場改修工事の影響で"中京"で行われる京都金杯。
その中京1600mの舞台はディープインパクト&ロードカナロア産駒の庭化しています。

下記は中京1600m過去10年で行われた2勝クラス以上のレースにおける種牡馬別成績です。

父名 勝率 連対率 複勝率 単値 複値
着度数
ディープインパクト 10.1% 21.5% 34.2% 44 91
8-9-10-52/79
キングカメハメハ 12.5% 32.5% 40.0% 89 134
5-8-3-24/40
ロードカナロア 31.3% 37.5% 43.8% 532 167
5-1-1-9/16
ハーツクライ 11.1% 16.7% 22.2% 65 45
4-2-2-28/36
ステイゴールド 16.7% 25.0% 25.0% 107 56
4-2-0-18/24

▶中京1600m(2勝クラス以上)における種牡馬別成績

ダントツの勝ち星を誇っているのがディープインパクト産駒で、アベレージ、回収率ともにケタ違いの成績を残しているのがロードカナロア産駒です。大波乱となった昨年の京都金杯も12人気の勝ち馬ケイデンスコールがロードカナロア産駒で、3着の14人気エントシャイデンがディープインパクト産駒と、中京マイルの二大巨頭の種牡馬の産駒が波乱の立役者になっていたんです!

今年はディープインパクト産駒の出走がありませんから、ロードカナロア産駒は警戒必須と言えそうです。

ロードカナロア産駒

  • ダイアトニック
  • カイザーミノル
  • ステルヴィオ

京都金杯2022予想
データが導く結論!
1月4日(火)更新

ここまで京都金杯のトリプルトレンド【絶対に押さえたい3つの傾向】を見てきました。

  1. 01中京+開幕週=内枠有利
  2. 02トップハンデが苦戦
  3. 03中京1600mはロードカナロアの庭

トリプルトレンドが導き出した京都金杯で本当に買わなければいけない【鉄板注目馬】と【爆穴注目馬】は・・・

カイザーミノル
◎鉄板注目馬

想定5番人気
カイザーミノル
(横山典)

鉄板軸馬に推奨するのが、想定5人気のカイザーミノルです。昨年大穴を開けたケイデンスコールと同じロードカナロア産駒で、今回と同じ左回りのマイル戦で勝ち星を挙げており適性面の心配も無用と、軸を託すに値する一頭と言えそうです。

チェックポイント

前走は距離が敗因
優秀な春2戦を見直す

前走の天皇賞秋はさすがに強敵揃いであった事に加え、さすがに2000mの距離は長かった印象です。それ以前のGⅡ3戦の内容が極めて優秀で、ハンデ戦のGⅢであれば明確に地力上位の存在。ここは巻き返し必至の一戦です。

ウインキートス
★爆穴注目馬

想定14番人気
ダイアトニック
(岩田康)

爆穴馬として推奨するのが想定14人気のダイアトニックです。こちらも昨年の勝ち馬と同じロードカナロア産駒で、そのケイデンスコールと同じ内枠をゲット。今年の高配当の使者はこの馬です。

チェックポイント

昨年V馬とピタリ
得意の中京で復活を

ロードカナロア産駒・内枠・鞍上岩田康誠・今回距離延長と、昨年の勝ち馬ケイデンスコールとほとんど同じプロフィールで挑んでくるこの馬。舞台となる中京は一昨年の高松宮記念で不利さえなければアタマまで...という競馬を見せた得意舞台。大駆けの準備は整いました。

ツカゴシ

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回は出世レース・シンザン記念を取り上げます!出走馬&有力馬分析を1月5日(水)に公開しますのでお楽しみに!

-->
オークス 的中 払戻

豪華予想陣が集結!
京都金杯の予想買い目を無料公開
↓↓↓

競馬JAPAN
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line