競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【皐月賞・桜花賞】10万馬券GETのGIウィーク攻略法
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のヴィクトリアマイルはルメール騎手の代打としてノームコアに騎乗したレ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬特集

GIウィークで獲り尽くせ!

2019年03月14日(木)更新

【皐月賞・桜花賞】10万馬券GETのGIウィーク攻略法

クラシック前哨戦も
ズバズバ仕留める成駿予想陣の
桜花賞・皐月賞展望は?
いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、皐月賞が近づいてまいりました。 今回は、成駿本紙チームでお馴染みの和田保さんと、血統スナイパー・境和樹さんの両名にお話を伺います!
トライアルも終えて、いよいよクラシック本番。今年もアツい戦いが見られそう。まずは桜花賞の話からしていきましょう。
桜花賞戦線といえば、和田さん率いる「成駿本紙チーム」がSランク推奨から完全的中をお届けしたクイーンC、上田琢巳氏が◎ダノンファンタジーから的中馬券を届けてくれたチューリップ賞と、主要トライアルでキッチリ結果を出していますからね。本番も期待しちゃいます。
クイーンCで本命にしたクロノジェネシスは、あの順延競馬を経験できたことが大きいと思っているんですよ。ただでさえテンションに課題があった馬で、あの月曜延期はかなり痛かったはず。精神的にはギリギリだった。それでもちゃんと我慢ができた。収穫大でしょう。
ただ、ダノンファンタジーもグランアレグリアもいて、決して相手は楽じゃない。上位4〜5頭くらいが拮抗した、近年でもトップクラスのハイレベル桜花賞が見られると思いますよ。
一転、皐月賞は大混戦。サートゥルナーリアは確かに1頭抜けている感はあるけど、正直、全体的なレベル的にはどうかな? と。その分、第二集団からでも十分勝ち負けが狙える。馬券的妙味は皐月賞の方が上でしょう。
境さん向きのレースと言えるかもしれませんね。よろしくお願いします(笑)。
馬場改修後、皐月賞はレース傾向が一変していて、今までのような欧州的なスタミナ型が切れ負けして、マイラー寄りの瞬発力型が来るようになっていますよね。
もっとも、今年のメンツだとどうかな〜? という感覚はあるんです。最新の傾向を踏まえた上で、ちょっと捻ろうかとも……
各陣営にとっても大事なクラシック緒戦。やはり今年も大注目ですね!
昨年の皐月賞週も10万馬券!
GI週は周辺レースに勝負処満載
桜花賞、皐月賞といったビッグレースはもちろん注目なんだけど、実際、馬券で儲けるとなると、他のレースに目が行くところだよね。
そうなんです!馬券のプロ集団である競馬JAPAN予想陣は、この“GI裏の馬券処”を目ざとく見つける術に長けているんです!
昨年も、皐月賞週の山藤賞にて、柴田卓哉氏が◎フィエールマンから10万7330円のビッグヒット!他にも、成駿本紙チームが桜花賞当日の中山12Rで◎ビービーサレンダーから馬連6070円のスマッシュヒット!
あのレースは力量接近の混戦で、馬券妙味が大きいと狙っていたんです。
1番人気はノーフィアーという馬だったんですが、これは人気ほどの信頼が置けない馬だと見ていて、買い目上でも相手3点目まで評価を下げていました。前走2着という成績だけで人気になっていた印象で、その前走は大したレベルじゃなかったから。
(当時の最終見解を見て)なるほど、これは上手いですね。予想が上手いというより、馬券が上手い人の買い目。
自分でも結構儲けた記憶がありますよ(笑)。
もっとも、これはGI当日だったから嵌った馬券とも言えるんですよ。

と、言いますと?

GI当日やGI週って、どうしてもライトファンの参加が増える。「GIだけ馬券買います」って人、結構いるじゃないですか。そういう人って、どうしても“点”でしか競馬に触れていないから、近走成績が良い馬とか、新聞の印がたくさん付いている馬に流されやすい。結果、本当の能力比較や、最新の適性判断と異なった、イビツな人気の並びが生まれやすいんです。
日ごろから競馬に接している我々としては、あんまりピンと来ないですが……。
もちろん、競馬JAPANをご利用になっている方々には関係ない話だと思います。ただ、それ以上に、世間では色々な人が馬券を買っているんです。これは迷信でも冗談でもない。せっかくのGI、周辺レースまで全部まとめて楽しんでこそ、本物の競馬ファンでしょう。 あと、先ほどのビービーサレンダーのレースもそうですが、GI当日の最終レースは、馬券的には絶好の狙い目になりやすい。
GIの興奮さめやらぬまま、最終レースの締め切りを迎えちゃう……みたいな?
笑い話じゃなく、実際、そういう人って少なくないんですよ。予想するにしても、どうしてもGIに時間も頭も使いますから、最終レースは余力が残っていないという人もいる。 GIで当たれば勝負の熱が冷めるし、GIで負けていればアツがって冷静な予想もしづらくなる。競馬ファンであればGIを特別視するのは当然。だからこそ、GI当日の最終レースは絶好の儲け処になり得るんです。

なるほど……。

そういえば、昔、清水さんがよく言っていましたよ。「おい和田、競馬新聞を見て朝の1Rや一面に載っているメインRから予想するヤツは素人。まず最終レースから検討するのがプロだぞ」って。
一日の流れによって状況が変わる最終レースだからこそ、事前検討に時間を掛けて揺るがない結論を出しておくべきという意味なんですよね。まあ、これはGIシーズンに限った話じゃありませんが。
中山記念2万馬券を仕留めた
成駿本紙チームの馬場見解は?
ところで境さん、桜花賞、皐月賞の舞台になる阪神、中山はともに連続開催となりますね。馬場傾向はどう考えていますか?
もう毎年恒例のことですが、この時期は雨の影響を受けやすくて、今年も前開催序盤から雨に祟られています。阪神、中山とも馬場悪化は今後も進むでしょうね。Bコース替わりで多少はカバーされるでしょうが、荒れ馬場への対応力は十分考慮した方がいいでしょう。
あと、内ラチ沿いはシビアになるでしょうね。先行馬でも馬場の真ん中を通るようなケースは考えなきゃいけない。

差し馬優勢の馬場ということでしょうか? 

そこに落とし穴があって、馬場の内ラチ沿いがノーチャンスになっている時は、意外と外差しは利きにくいんです。先行馬が内を開ける、つまり、外を回るということは、それより後ろの差し馬はもっと外を回さなきゃいけない。

もしくは、悪いと知りつつ内に潜り込むか。

そうなると、結果的に先行〜好位勢がそのまま雪崩れ込みやすくなる。外を回る差し馬は距離ロスが大きいし、内に潜った馬は馬場に切れ味を殺されるから。

そういう理屈ですか。 

血統的には、中山のハービンジャーは要チェック。とにかく荒れ馬場適性の高い血統だから、この時期の連続開催とかヨダレものなんですよね。1600から2200まで幅広い条件で狙えますよ。
そういえば、境さんは一昨年の皐月賞でハービンジャー産駒のペルシアンナイトに◎を打っていましたね。
そうでしたね。あれは勝ったと思ったけどなぁ(苦笑)。
あと、ダートの話もしておくと、今年に入ってエンパイアメーカーとアイルハヴアナザーはずっと元気が良い。この傾向はしばらく続くと見ているので、次の開催でも要注意ですよ。

本日はどうもありがとうございました。