競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【オークス】アドマイヤミヤビ友道師「桜花賞は少し時計が速かった」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 秋競馬も、この馬の登場でいよいよ盛り上がってくるはずだ。神戸新聞杯に出走する...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 遠野が約束より早く「頑鉄」に着くと、親爺は縁台で煙草を吸っていたが、すぐ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年05月18日(木)更新

【オークス】アドマイヤミヤビ友道師「桜花賞は少し時計が速かった」

ニュース提供:競馬ラボ

アドマイヤミヤビ

17日、オークス(G1)の追い切りが栗東トレセンにて行われた。

前走、前走桜花賞12着のアドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道厩舎)は、助手が跨がって坂路で軽めの調整。リラックスを主眼に置いた馬まかせの内容で4F55.0-40.4-27.1-13.6秒を計時した。

友道康夫調教師は「1週前にしっかりと負荷をかけています。けさは馬なりで予定どおり。今から思うと桜花賞は少し時計が速かったところもありますからね。ここを目標に順調にきているし、東京コースは実績もありますからね。もともと、オークス向きというイメージも持っていましたから。あらためて、です」と反撃に向けて気合十分。

ソウルスターリングに次ぐ2番人気に支持された桜花賞は、道悪の影響もあってまさかの12着と大敗したが、中間の気配を見る限り、そのダメージは最小限に済んだ模様。クイーンCまでの3連勝はアエロリット、カデナといった素質馬を破ったもので、この馬も能力は世代トップクラス。師の言葉通り、あらためて期待の一戦だ。