競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ヴィクトリアM】アドマイヤリード末脚爆発!初重賞VがG1制覇
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 動画でさらに学べる! ▼函館2歳Sの血統ポイント▼ ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 都議選公示日の6月23日。井尻の誘いに乗って「頑鉄」に顔を出した遠野。もっと...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年05月14日(日)更新

【ヴィクトリアM】アドマイヤリード末脚爆発!初重賞VがG1制覇

ニュース提供:競馬ラボ

アドマイヤリード

5月14日(日)、2回東京8日目11Rで第12回ヴィクトリアマイル(G1)(芝1600m)が行なわれ、C.ルメール騎手騎乗の6番人気・アドマイヤリード(牝4、栗東・須貝尚厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:33.9(稍重)。

2着には1馬身1/4差で11番人気・デンコウアンジュ(牝4、栗東・荒川厩舎)、3着にはクビ差で7番人気・ジュールポレール(牝4、栗東・西園厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたミッキークイーン(牝5、栗東・池江寿厩舎)は7着に敗れた。

好スタートを決めたソルヴェイグが果敢に逃げ、スマートレイアーとレッツゴードンキは先行集団に取り付いた。中団につけたミッキークイーンをマークするようにジュールポレール、クイーンズリング、デンコウアンジュが追走。アドマイヤリードは後方でじっくり脚をためた。各馬が4コーナー手前から外寄りに進路を取る中、ルメール騎手の好判断で内から先行集団の直後まで進出。直線では、抜け出したソルヴェイグとスマートレイアーの間を突いて先頭に立ち、最後は大外から強襲したデンコウアンジュを振り切った。1番人気ミッキークイーンは外を回って追い上げるも7着、2番人気のルージュバックは後方で見せ場なく10着に終わった。

勝ったアドマイヤリードは、2歳冬に阪神JF、3歳春に桜花賞とオークスに挑戦したが完敗。昨秋ローズS7着後に自己条件に戻ってから着実に力をつけた。今年1月に1000万下を卒業して2月の1600万下も連勝し、前走の阪神牝馬Sも2着に健闘した。最近5戦連続でメンバー中最速の上がりをマークした自慢の末脚を爆発させ、初重賞制覇をG1勝利で飾った。

馬主は近藤利一氏、生産者は安平町のノーザンファーム。馬名の意味由来は「冠名+先頭」。

ヴィクトリアマイルの結果・払戻金はコチラ⇒

  • アドマイヤリード
  • (牝4、栗東・須貝尚厩舎)
  • 父:ステイゴールド
  • 母:ベルアリュール2
  • 母父:Numerous
  • 通算成績:14戦5勝

アドマイヤリード
アドマイヤリード

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。