競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【高松宮記念】一躍台頭のメラグラーナ「この感じをキープしてレースへ」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 動画でさらに学べる! ▼函館2歳Sの血統ポイント▼ ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 都議選公示日の6月23日。井尻の誘いに乗って「頑鉄」に顔を出した遠野。もっと...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年03月20日(月)更新

【高松宮記念】一躍台頭のメラグラーナ「この感じをキープしてレースへ」

ニュース提供:競馬ラボ

メラグラーナ

16日、高松宮記念(G1)の1週前追い切りが栗東トレセンにて行われた。

前走のオーシャンSで重賞初勝利を挙げたメラグラーナ(牝5、栗東・池添学厩舎)は、大下騎手(レースは戸崎騎手が騎乗)を背に栗東坂路で追われた。時計は計測不能だった。

池添学調教師は「今週は馬なり。エラーでしたが、ジョッキーは57秒ぐらいと言っていました。手応えは良かったですよね。レース後の回復が早かったし、体もすぐに戻りました。もう強い調教は必要ないでしょう」と、引き続き順調ぶりをアピールした。

続けて「来週はガス抜き程度でいい。この感じをキープしてレースへもっていきたい」と、調整プランも語っており、この馬の力を引き出せるよう細心の注意を払っていく。

南半球産で軌道に乗るまでは遅れを取ったが、昨夏から1200m戦に専念し始めたのと同時にメキメキと力を付けて一気に台頭してきた。大本命不在と言われている今回、メンバー屈指の勢いそのままに戴冠となるか。