競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【高松宮記念】前走2年ぶりVレッツゴードンキ「噛み合えばやれる力はある」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柴田卓哉・美浦追い切りレポート 多士済々といったマイルCS、先週の牝馬GⅠと同様に上位に絡みそうな馬が十指に...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年03月20日(月)更新

【高松宮記念】前走2年ぶりVレッツゴードンキ「噛み合えばやれる力はある」

ニュース提供:競馬ラボ

レッツゴードンキ

16日、高松宮記念(G1)の1週前追い切りが栗東トレセンにて行われた。

前走の京都牝馬Sで15年の桜花賞以来の勝利を挙げたレッツゴードンキ(牝5、栗東・梅田智厩舎)は、主戦の岩田騎手を背に坂路で一杯に追われ、4F50.4-36.1-23.7-12.1秒をマーク。最後までしっかりとした脚取りで伸びていた。

梅田智之調教師は「順調だね。1週前だし、ある程度は時計を出すつもりで。折り合いをつけつつ、おしまいをビシッと。時計もそうだけど、いい動きだったね。ジョッキーもいい感触を掴んでくれてたよ」と満足気。

次に狙うは2年ぶりのG1制覇。「スプリント戦は勝ってないけど、去年のこのレースも直線で不利を受けてたからね。噛み合えばやれる力はあると思っていますよ」と、1年越しのリベンジに燃えている。

前走の勝利で反撃ムードが出てきたことは確かだ。鞍上の岩田騎手も16年は重賞未勝利で終わるなど不振の時期が続いていただけに、好調を取り戻してきた人馬が大舞台で完全復活を果たせるか。