競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【フラワーC】ファンディーナが5馬身差の圧勝で無傷V3!さあクラシックへ!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 秋競馬も、この馬の登場でいよいよ盛り上がってくるはずだ。神戸新聞杯に出走する...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 遠野が約束より早く「頑鉄」に着くと、親爺は縁台で煙草を吸っていたが、すぐ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年03月20日(月)更新

【フラワーC】ファンディーナが5馬身差の圧勝で無傷V3!さあクラシックへ!

ニュース提供:競馬ラボ

ファンディーナ

3月20日(月)、2回中山8日目11Rで第31回フラワーカップ(G3)(芝1800m)が行なわれ、岩田康誠騎手騎乗の1番人気・ファンディーナ(牝3、栗東・高野厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:48.7(良)。

2着には5馬身差で8番人気・シーズララバイ(牝3、美浦・竹内厩舎)、3着にはクビ差で7番人気・ドロウアカード(牝3、栗東・角田厩舎)が続いて入線した。

先手を主張していったドロウアカードに負けじと、ファンディーナも先行し、2番手へ。ディーパワンサ、デアレガーロも好位につけるがペースは5F通過61秒0で例年並。しかし、4角からの脚色が歴然。抑えきれない手応えでファンディーナが進出すると、直線入り口では早々と先頭へ。
直線半ばでは鞍上もモニターを観る余裕をみせ、流したままで5馬身差をつけた。2着には伏兵のシーズララバイが浮上し、結果的に逃げたドロウアカードも3着に食い下がった。

勝ったファンディーナは昨年、皐月賞にも駒を進めた現役のナムラシングンの半妹。今年1月22日にデビューと同世代から初陣は遅れをとったが、9馬身差の圧勝で。前走のつばき賞でも上がり33.0秒の切れ味をみせ、2連勝を飾っていた。重賞初挑戦の今回も序盤から好位をキープすると、最後の直線はノーステッキで圧勝。高らかにクラシックへ名乗りを挙げた。

馬主は有限会社ターフ・スポート、生産者は浦河町の谷川牧場。馬名の意味由来は「良い夢を(タイ語)。母名より連想」。

フラワーCの結果・払戻金はコチラ⇒

  • ファンディーナ
  • (牝3、栗東・高野厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:ドリームオブジェニー
  • 母父:Pivotal
  • 通算成績:3戦3勝
  • 重賞勝利:17年フラワーC(G3)

ファンディーナ
ファンディーナ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。