競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 低評価を覆す圧巻の末脚ライジングリーズン「調子がぐっと上がっていました」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 今週は、キタサンブラック対サトノダイヤモンドのトップ対決が行われる天皇賞...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

サムネ画像...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年01月08日(日)更新

低評価を覆す圧巻の末脚ライジングリーズン「調子がぐっと上がっていました」

ニュース提供:競馬ラボ

ライジングリーズン

●1月8日(日) 1回中山3日目11R 第33回フェアリーS(G3)(芝1600m)

一線級の参戦が少ないためか、過去10年、3連単の配当は全て万馬券で、2011年を除けば5万円以上。50万円超えが2回に48万円もあって、荒れるレースとして知られるフェアリーSだが、今年は10番人気のライジングリーズン(牝3、美浦・奥村豊厩舎)が不利といわれる中山マイルの外枠を克服して快勝。3連単は27万5620円の高配当となって波乱の歴史に名を残した。

レースはツヅクが速いラップを刻んで後続を3馬身ほど離しての逃げを打ち、人気のアエロリットは番手で追走。隊列は徐々に縦長となり、ライジングリーズンはポジションを下げてしまうが、慌てずにマイペースを貫く。残り600mを過ぎ、前が苦しくなってくると馬場の外めからスーッと前へ進出。直線に入り馬場の真ん中を一気に突き抜け、10番人気の馬とは思えない堂々のレース運びで重賞タイトルを射止めた。

手綱をとった丸田恭介騎手も開口一番に「強かったです」とひと言。「中間の調整がうまくいき、これまでで一番、強い負荷をかけられました。調子がぐっと上がっていましたよ。精神的な部分でも、落ち着きを保っていましたしね。外枠でしたので、自分のリズムで運ぶように心がけましたが、中山コースの走りはスムーズ。終いでいい脚を使えました。広い馬場でも対応できるようにしたいですね」と会心の騎乗に胸を張った。

近親に交流G1・南部杯を3連覇するなど、ダートで息長く走ったブルーコンコルドがいて、ダートでの活躍馬が多い母系だが、この馬は芝で3戦2勝。今後は高速馬場や丸田騎手も話した広い馬場への対応、更なる相手強化などの課題が残るも、勝負どころで一気に上がってくる機動力はなかなかのもの。試金石となる次走の走りは大いに注目される。

ライジングリーズン
ライジングリーズン
ライジングリーズン
ライジングリーズン