競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【フェアリーS】8枠でも関係なし!ライジングリーズンが直線一気で重賞初制覇!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 今週は、キタサンブラック対サトノダイヤモンドのトップ対決が行われる天皇賞...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

サムネ画像...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年01月08日(日)更新

【フェアリーS】8枠でも関係なし!ライジングリーズンが直線一気で重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

ライジングリーズン

1月8日(日)、1回中山3日目11Rで第33回フェアリーS(G3)(芝1600m)が行なわれ、丸田恭介騎手騎乗の10番人気・ライジングリーズン(牝3、美浦・奥村武厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:34.7(良)。

2着には3/4馬身差で1番人気・アエロリット(牝3、美浦・菊沢厩舎)、3着にはクビ差で7番人気・モリトシラユリ(牝3、美浦・堀井厩舎)が続いて入線した。

ツヅク、アエロリットが好スタート。そのままツヅクがハナに立ち、道中は3馬身ほどの逃げ。2番手に人気のアエロリットで、ポンポン、ブラックオニキスと先行集団を形成。ヒストリアは中団、キャスパリーグは後方からの競馬となった。道悪の中、淀みない流れでレースは進み、ツヅクが先頭で4コーナーから直線へ。

直線半ばでアエロリットが内から抜け出しを図るが、まくり気味に進出したライジングリーズンが一気に迫る。間を通ってヒストリア、アルミューテンも食い下がる。坂を上り切ったところでライジングリーズンがアエロリットを捕えて先頭、そのままゴールイン。2着にアエロリットが粘り込み、混戦の3着は外から追い込んできたモリトシラユリが入った。

勝ったライジングリーズンは近親にダート交流G1を7勝したブルーコンコルドがいる血統で、15年北海道サマーセールにて550万5000円で落札されている。昨年9月中山でデビュー戦を勝利で飾り、2戦目にアルテミスSを選択。ここでは13着と敗れたが、今回は新馬戦で勝利を収めた舞台で鮮やかに巻き返した。この馬を管理する奥村武調教師はこれが嬉しいJRA重賞初制覇となった。
馬主は岡田牧雄氏、生産者は日高町の三城牧場。馬名の意味由来は「上昇の理由」。

フェアリーSの結果・払戻金はコチラ⇒

  • ライジングリーズン
  • (牝3、美浦・奥村武厩舎)
  • 父:ブラックタイド
  • 母:ジョウノファミリー
  • 母父:キングカメハメハ
  • 通算成績:3戦2勝
  • 重賞勝利:
  • 17年フェアリーS(G3)

ライジングリーズン
ライジングリーズン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。