競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【POG】メイショウカネサダが先頭争いから抜け出し圧勝…阪神新馬
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

【東大卒】水上学が大暴れ!

サムネ画像中期的馬券プラン「戦略的集中プロジェクト」で特別鞍を提供した水上学。改めて切れ味...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のフェブラリーSは、武豊騎手が騎乗したインティが逃げ切り勝ちを決めま...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2015年12月05日(土)更新

【POG】メイショウカネサダが先頭争いから抜け出し圧勝…阪神新馬

ニュース提供:競馬ラボ

12月5日(土)、5回阪神1日目6Rで2歳新馬(ダ1200m)が行なわれ、酒井学騎手騎乗の2番人気・メイショウカネサダ(牡2、栗東・藤沢則厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:12.5(稍重)。

2着には5馬身差で3番人気・ロワゾブルー(牡2、栗東・岡田厩舎)、3着にはクビ差で5番人気・ワンダーリーデル(牡2、栗東・沖厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたスパイチャクラ(牝2、栗東・西浦厩舎)は6着に敗れた。

レースは好スタートを切ったメイショウカネサダ、ロワゾブルーの7枠2頭が引っ張る展開となった。その直後をスパイチャクラ、ワンダーリーデルが続き、さらにその後ろをタガノヴィッター、キタサンシャドーらが追う。かなり縦長の隊列のまま3、4コーナーを過ぎていき、いざ直線へと差し掛かると、依然先頭争いをしていた2頭のうち、メイショウカネサダが抜け出し、後続との差を広げにかかる。そのまま5馬身突き放しての圧勝劇を演じた。2着争いはワンダーリーデルが脚を伸ばすも、ロワゾブルーにクビ差及ばず3着まで。

勝ったメイショウカネサダは近親にファンタジーSを制したタシロスプリングがいる血統で、昨年の北海道サマーセールにて1317万という、当セールにおいては高値で落札されていた。入厩後の調教でも併せ馬で大差をつけるなど良い動きをしており、今回は仕上がりの早さをいかしての快勝となった。
馬主は松本好雄氏、生産者は浦河町の日進牧場。馬名の意味由来は「冠名+土方歳三の愛刀の名より」。

2歳新馬の結果・払戻金はコチラ⇒

メイショウカネサダ
(牡2、栗東・藤沢則厩舎)
父:タイキシャトル
母:ブラックティー
母父:チーフベアハート

メイショウカネサダ

メイショウカネサダ

メイショウカネサダ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。