競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 名手に導かれてペルーサがレコードで復活!!…札幌日経オープン
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2015年08月08日(土)更新

名手に導かれてペルーサがレコードで復活!!…札幌日経オープン

ニュース提供:競馬ラボ

8月8日(土)、1回札幌3日目11Rで札幌日経オープン(芝2600m)が行なわれ、C.ルメール騎手騎乗の5番人気・ペルーサ(牡8、美浦・藤沢和厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:38.7(良)のレコード。

2着には半馬身差で2番人気・タマモベストプレイ(牡5、栗東・南井厩舎)、3着には3/4馬身差で7番人気・ワールドレーヴ(牡5、美浦・二ノ宮厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたアドマイヤフライト(牡6、栗東・橋田厩舎)は5着に敗れた。

グランデスバルが好スタートを切って先手を奪うが、外からタマモベストプレイ、さらにペルーサもピッタリと後ろへ。1周目スタンド前でペースが緩むと見るや、ペルーサがハナを奪って先頭で2周目へ入り、タマモベストプレイ、アドマイヤフライト、グランデスバル、バンズームと人気どころも前々のポジションに構える。
2周目3コーナーあたりから徐々にペースが上がり、後続のジョッキーの手が激しく動く中、逃げたペルーサのC.ルメールは楽な手応えのまま。直線に入りタマモベストプレイが最後の力を振り絞って差を詰めるもペルーサがもうひと伸びして、実に3歳5月の青葉賞以来、5年3カ月ぶりの嬉しい復活Vとなった。

勝ったペルーサは2009年11月にデビューして無傷の4連勝で青葉賞を制覇。ダービーでは6着と敗れたが、秋には古馬相手に天皇賞へ挑み2着、ジャパンC5着、有馬記念4着とG1制覇も時間の問題と見られていた。しかし、その後はノドの不安等で順調にレースを使えず成績も低迷。今回は久しぶりに長距離戦へ矛先を向け、鞍上もテン乗りとなるC.ルメールを起用した策が見事に的中。見事なペース判断で逃げ切り勝ちを決めた。

馬主は山本英俊氏、生産者は千歳市の社台ファーム。馬名の意味由来は「ディエゴ・マラドーナの愛称」。

札幌日経オープンの結果・払戻金はコチラ⇒

ペルーサ
(牡8、美浦・藤沢和厩舎)
父:ゼンノロブロイ
母:アルゼンチンスター
母父:Candy Stripes
通算成績:25戦5勝
重賞勝利:
10年青葉賞(G2)

ペルーサ

ペルーサ

ペルーサ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。