競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 12番人気ペイシャオブローが積極策で快勝…すずらん賞
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬目前!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 痛い所を突かれたり、疚しいことがあると、大概の人間は早口を伴い気色ばむ。ある...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2014年09月07日(日)更新

12番人気ペイシャオブローが積極策で快勝…すずらん賞

ニュース提供:競馬ラボ

9月7日(日)、2回札幌6日目10Rですずらん賞(芝1200m)が行なわれ、丹内祐次騎手騎乗の12番人気・ペイシャオブロー(牡2、美浦・菅原厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:10.8(良)。

2着にはクビ差で5番人気・ヤマカツエース(牡2、栗東・池添兼厩舎)、3着には3/4馬身差で7番人気・トロピカルガーデン(牝2、美浦・武藤厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたシンフォニア(牝2、栗東・昆厩舎)は5着に敗れた。

激しい先行争いからシンフォニアがハナに立ち、トロピカルガーデン、ハタノガイストが追走。イズモは出遅れる。先行勢がレースを引っ張り、馬群は縦長の展開に。道中ではペイシャオブローが中団から徐々に進出し、4コーナーでは2番手までポジションを上げる。直線を向くとペイシャオブローがシンフォニアを捕らえて先頭に立ち、外から強襲してきたヤマカツエースを振り切って優勝。

勝ったペイシャオブローは芝1200mで行われた新馬戦を敗れた後、芝1800mで未勝利を脱出。再びの芝1200mで見事に押し切り、単勝12番人気の低評価を覆した。
馬主は北所直人氏、生産者は平取の二風谷ファーム。馬名の意味由来は「冠名+父名の一部」。

すずらん賞の結果・払戻金はコチラ⇒

ペイシャオブロー
(牡2、美浦・菅原厩舎)
父:ルールオブロー
母:ダンスレッスン
母父:ダンスインザダーク
通算成績:4戦2勝

ペイシャオブロー

ペイシャオブロー

ペイシャオブロー


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。