競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. インから抜け出しアロマティコが惜敗続きにピリオド…巴賞
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2014年07月06日(日)更新

インから抜け出しアロマティコが惜敗続きにピリオド…巴賞

ニュース提供:競馬ラボ

14年7月6日(日)、2回函館2日目11Rで巴賞(芝1800m)が行なわれ、三浦 皇成騎手騎乗の3番人気・アロマティコ(牝5、栗東・佐々晶厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:48.1(良)。

2着にはクビ差で6番人気・セイルラージ(牡7、栗東・藤原英厩舎)、3着には同着で8番人気・ミッキーパンプキン(牡8、栗東・牧田厩舎)と5番人気・シゲルササグリ(牡5、栗東・中村厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたレッドレイヴン(牡4、美浦・藤沢和厩舎)は5着に敗れた。

メイショウサミット、シゲルササグリ、サンディエゴシチーの順で隊列が決まり、1番人気のレッドレイヴンはテンでダッシュがつかず、すぐに後方外目へ。アロマティコもじっくりと最後方から。平均ペースでレースが進むと、徐々にシゲルササグリがメイショウサミットへ並びにかかり、後続も進出。
4コーナーでは各馬が外を回りにかかる中、インからアロマティコも進出。先にハナに立ったシゲルササグリをめがけ、内にアロマティコ、外にミッキーパンプキン、セイルラージ。大外にレッドレイヴンが並び、追い比べとなるも、最後はアロマティコが抜け出し。ロスのない競馬が光った。

勝ったアロマティコはこれがオープン特別初勝利。重賞の舞台でも秋華賞、エリザベス女王杯で3着などの実績があるが、惜敗続きにピリオド。また、重賞での健闘も3度の3着と、思うように賞金を加算できなかったが、今後へ向けて、大きい一勝となった。

同馬はおじに日本ダービーで2着、重賞3勝のインティライミ、重賞2勝のサンバレンティンがいる血統で、佐々木晶三厩舎ゆかりの血統馬。馬主は有限会社 サンデーレーシング、生産者は安平のノーザンファーム。馬名の意味由来は「イタリア種の香り高い葡萄を原料としたペルーの蒸留酒ビスコの一つ」。

【このレースの全着順・払戻金はこちら】

アロマティコ
(牝5、栗東・佐々晶厩舎)
父:キングカメハメハ
母:ナスカ
母父:サンデーサイレンス
通算成績:22戦6勝

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。