競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【セントウルS】衝撃のレコードでタワーオブロンドンが3馬身差V!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 台風一過の13日、「頑鉄」に向かいつつ、思わず百人一首の一句が頭に浮...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた横山典騎手。先々週の京成杯AHのトロワゼトワルの...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年09月08日(日)更新

【セントウルS】衝撃のレコードでタワーオブロンドンが3馬身差V!

ニュース提供:競馬ラボ

タワーオブロンドン

9月8日(日)、4回阪神2日目11Rで第33回産経賞セントウルS(G2)(芝1200m)が行なわれ、C.ルメール騎手騎乗の1番人気・タワーオブロンドン(牡4、美浦・藤沢和厩舎)が抜群の手応えで直線に入り、残り200mで前を捕らえると一気に後続を突き放して快勝。勝ちタイムは1:06.7のレコード(良)。

2着には3馬身差で7番人気・ファンタジスト(牡3、栗東・梅田智厩舎)、3着には半馬身差で3番人気・イベリス(牝3、栗東・角田厩舎)が続いて入線した。

勝ったタワーオブロンドンは、2走前の函館スプリントSからスプリント路線に矛先を向け3着、続くキーンランドCも2着とまとめ、シリーズ最終戦となるこのセントウルSで圧巻のレコードV。自ら勝利を掴んでシリーズ優勝を決めた。
馬主はゴドルフィン、生産者は日高町のダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

産経賞セントウルSの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • タワーオブロンドン
  • (牡4、美浦・藤沢和厩舎)
  • 父:Raven’s Pass
  • 母:スノーパイン
  • 母父:Dalakhani
  • 通算成績:13戦6勝
  • 重賞勝利:
  • 19年セントウルS(G2)
  • 19年京王杯SC(G2)
  • 18年アーリントン(G3)
  • 17年京王杯2歳S(G2)

タワーオブロンドン
タワーオブロンドン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。