競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【函館スプリントS】カイザーメランジェが逃走V! タワーオブロンドンは3着
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた田辺騎手はアルクトスでプロキオンSも勝利。2週連...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年06月16日(日)更新

【函館スプリントS】カイザーメランジェが逃走V! タワーオブロンドンは3着

ニュース提供:競馬ラボ

カイザーメランジェ

6月16日(日)、1回函館2日目11Rで第26回函館スプリントS(G3)(芝1200m)が行なわれ、江田照男騎手騎乗の5番人気・カイザーメランジェ(牡4、美浦・中野栄厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:08.4(稍重)。

2着には1馬身半差で2番人気・アスターペガサス(牡3、栗東・中竹厩舎)、3着にはクビ差で1番人気・タワーオブロンドン(牡4、美浦・藤沢和厩舎)が続いて入線した。

各馬が出方をうかがう中、サッとハナを奪うとそのままマイペースの逃げに持ち込む。コーナーをロスなく立ち回り、直線に入っても逃げ脚がなかなか衰えない。アスターペガサス、タワーオブロンドンが懸命に詰め寄るもリードを保ったまま、ゆうゆうと押し切った。

勝ったカイザーメランジェは、年明けのサンシャインSを勝ってオープン入り。重賞では過去3回いずれも11着と大きな着順となっていたが、ここで鮮やかな逃走劇。鞍上の江田照男騎手は2012年にネコパンチで勝った日経賞以来の重賞勝ち。サクラオリオン産駒は8頭がJRAで出走しているが、その少ない産駒から重賞ウイナーが誕生した。
馬主は友水達也氏、生産者は新ひだか町の谷岡スタット

函館スプリントSの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • カイザーメランジェ
  • (牡4、美浦・中野栄厩舎)
  • 父:サクラオリオン
  • 母:サクラジュレップ
  • 母父:サクラプレジデント
  • 通算成績:24戦5勝
  • 重賞勝利:
  • 19年函館スプリントS(G3)

カイザーメランジェ
カイザーメランジェ
カイザーメランジェ
カイザーメランジェ
カイザーメランジェ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。