競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【鳴尾記念】新星メールドグラースが堂々と差し切って4連勝で重賞連覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた川島騎手は関屋記念でミエノサクシードに騎乗し2着...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年06月01日(土)更新

【鳴尾記念】新星メールドグラースが堂々と差し切って4連勝で重賞連覇!

ニュース提供:競馬ラボ

メールドグラース

6月1日(土)、3回阪神1日目11Rで第72回鳴尾記念(G3)(芝2000m)が行なわれ、D.レーン騎手騎乗の1番人気・メールドグラース(牡4、栗東・清水久厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:59.6(良)。

2着には1馬身半差で5番人気・ブラックスピネル(牡6、栗東・音無厩舎)、3着にはアタマ差で4番人気・ステイフーリッシュ(牡4、栗東・矢作厩舎)が続いて入線した。

2番人気のギベオンが行き脚付かず後方から。大外からブラックスピネルがハナを奪い、マイペースの逃げに持ち込む。2番手にはタニノフランケル、1番人気のメールドグラースは後方3番手からレースを進め、ギベオンはそこから少し離れた後方2番手を進む。隊列はほとんど変わらずに最後の直線へ。
逃げたブラックスピネルがラチ沿いで懸命に逃げ込みをはかるが、楽な手応えで外に持ち出したメールドグラースが残り150mで先行勢を捕らえて先頭。そのまま力強く押し切った。

勝ったメールドグラースは、前走の新潟大賞典に次ぐ重賞連勝で、年明けの1000万条件から4連勝。鞍上のダミアン・レーン騎手も先週の目黒記念に続いて2週連続の重賞制覇で、短期免許による期間内最多勝となる5つ目の重賞タイトルを手にした。また、父のルーラーシップは2010年の勝ち馬で親子2代制覇ともなった。
馬主は有限会社キャロットファーム、生産者は安平町のノーザンファーム

鳴尾記念の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • メールドグラース
  • (牡4、栗東・清水久厩舎)
  • 父:ルーラーシップ
  • 母:グレイシアブルー
  • 母父:サンデーサイレンス
  • 通算成績:16戦6勝
  • 重賞勝利:
  • 19年鳴尾記念(G3)
  • 19年新潟大賞典(G3)

メールドグラース
メールドグラース
メールドグラース

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。