競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【平安S】壮絶な叩き合いを制してチュウワウィザードがJRA重賞初制覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 台風一過の13日、「頑鉄」に向かいつつ、思わず百人一首の一句が頭に浮...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の京成杯AHは、横山典騎手が騎乗したトロワゼトワルが逃げ切り勝ちを収...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年05月18日(土)更新

【平安S】壮絶な叩き合いを制してチュウワウィザードがJRA重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

チュウワウィザード

5月18日(土)、3回京都9日目11Rで第26回平安ステークス(G3)(ダ1900m)が行なわれ、川田将雅騎手騎乗の1番人気・チュウワウィザード(牡4、栗東・大久龍厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:58.1(良)。

2着にはハナ差で12番人気・モズアトラクション(牡5、栗東・松下厩舎)、3着には1馬身1/4差で3番人気・オメガパフューム(牡4、栗東・安田翔厩舎)が続いて入線した。

ポンと飛び出したのは昨年の覇者サンライズソア。そこへマイネルオフィールが競りかけるが、コーナーワークでサンライズソアが先頭を奪い返してレースを先導。アナザートゥルースは中団、チュウワウィザード、オメガパフュームは後方に構えて末脚勝負にかける。
直線に入ると、逃げるサンライズソアにマイネルユキツバキ、馬場の中央からオメガパフュームが迫り、さらに外からチュウワウィザードとモズアトラクションが併せ馬で襲いかかる。最後はこの2頭の壮絶な叩き合いとなり、ハナ差でチュウワウィザードが勝利。JRA重賞初勝利を挙げた。

勝ったチュウワウィザードは、デビューから1度も3着を外していない堅実派で、重賞は昨年暮れの名古屋グランプリ、3月のダイオライト記念とJpn2を2勝していたが、JRAの重賞は初勝利。前走のダイオライト記念では5頭のタイトルホースを一蹴しており、この勝利でダート路線の主役候補に堂々と名乗りを上げた。
馬主は中西忍氏、生産者は安平町のノーザンファーム

平安ステークスの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • チュウワウィザード
  • (牡4、栗東・大久龍厩舎)
  • 父:キングカメハメハ
  • 母:チュウワブロッサム
  • 母父:デュランダル
  • 通算成績:11戦7勝
  • 重賞勝利:
  • 19年平安S(G3)
  • 19年ダイオライト記念(Jpn2)
  • 18年名古屋GP(Jpn2)

チュウワウィザード
チュウワウィザード
チュウワウィザード

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。