競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【京都新聞杯】11番人気レッドジェニアルが豪快に差し切りV いざダービーへ!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のヴィクトリアマイルはルメール騎手の代打としてノームコアに騎乗したレ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年05月04日(土)更新

【京都新聞杯】11番人気レッドジェニアルが豪快に差し切りV いざダービーへ!

ニュース提供:競馬ラボ

レッドジェニアル

5月4日(土)、3回京都5日目11Rで第67回京都新聞杯(G2)(芝2200m)が行なわれ、酒井学騎手騎乗の11番人気・レッドジェニアル(牡3、栗東・高橋忠厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:11.9(良)。

2着にはクビ差で2番人気・ロジャーバローズ(牡3、栗東・角居厩舎)、3着には2馬身半差で7番人気・サトノソロモン(牡3、栗東・池江寿厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたタガノディアマンテ(牡3、栗東・鮫島厩舎)は5着に敗れた。

ダービーの切符をかけて2番人気のロジャーバローズがハナを切り、3番人気のオールイズウェルが2番手、1番人気のタガノディアマンテが3番手と上位人気馬が先団を固める。馬群はやや縦長となり、レッドジェニアルは中団後ろをじっくりと追走。前半1000mを迎えたあたりでモズベッロが2番手まで押し上げる。それでもロジャーバローズはハナを譲らす先頭で直線へ。
2番手からタガノディアマンテが懸命に詰め寄るが、ロジャーバローズがもうひと伸び。そのまま押し切るかに見えたが、馬場の中央からレッドジェニアルが一気に伸び、ロジャーバローズをクビ差交わしてゴール。鮮やかに重賞初制覇を決めた。

勝ったレッドジェニアルは、父キングカメハメハ、母がフローラSを勝ったレッドアゲートで、勝ち上がりに3戦を要したが、これまでの4戦いずれもメンバー上位の末脚を見せ、この一戦も中団から力強い末脚で差し切り勝ち。ダービーでも面白い存在となりそうだ。
馬主は株式会社東京ホースレーシング、生産者は千歳市の社台ファーム

京都新聞杯の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • レッドジェニアル
  • (牡3、栗東・高橋忠厩舎)
  • 父:キングカメハメハ
  • 母:レッドアゲート
  • 母父:マンハッタンカフェ
  • 通算成績:5戦2勝
  • 重賞勝利:
  • 19年京都新聞杯(G2)

レッドジェニアル
レッドジェニアル
レッドジェニアル

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。