競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【皐月賞】サートゥルナーリアが無傷の4連勝でまず1冠 ルメール騎手はクラシック完全制覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】春の東京・京都を徹底解説

サムネ画像桜花賞、皐月賞とクラシック第一弾が終われば、次なる舞台は東京・京都!幅員が広く、...
続きを読む

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 桜花賞のグランアレグリアに続き、先週の皐月賞もルメール騎手が騎乗したサー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年04月14日(日)更新

【皐月賞】サートゥルナーリアが無傷の4連勝でまず1冠 ルメール騎手はクラシック完全制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

サートゥルナーリア

4月14日(日)、3回中山8日目11Rで第79回皐月賞(G1)(芝2000m)が行なわれ、C.ルメール騎手騎乗の1番人気・サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:58.1(良)。

2着にはアタマ差で4番人気・ヴェロックス(牡3、栗東・中内田厩舎)、3着にはハナ差で3番人気・ダノンキングリー(牡3、美浦・萩原厩舎)が続いて入線した。

ランスオブプラーナがレースを引っ張り、ダノンキングリー、ヴェロックス、アドマイヤマーズらは好位を追走。それらを見る形でサートゥルナーリアは中団前めに付け、先行集団は大きな馬群を形成。サートゥルナーリアも徐々に前へ進出して直線勝負。
いち早く先頭に立ったのはヴェロックス。外からサートゥルナーリア、馬群をこじ開けて最内からダノンキングリーも伸びて3頭が壮絶な叩き合い。アタマ差サートゥルナーリアがヴェロックスを抑えてトップでゴール。この2頭が直線で接触し、長い審議となったが、到達順通りに確定した。

勝ったサートゥルナーリアは、母がオークスを勝ったシーザリオ、兄にジャパンC、菊花賞を勝ったエピファネイア、朝日杯FSを勝ったリオンディーズがいる良血で、昨年6月にデビュー。萩S、ホープフルSと連勝を重ね、ここは年明け初戦となる異例のローテーションだったが、先週の桜花賞同様、ブランクを克服。平成最後の皐月賞を無敗で制覇した。また、騎乗したC.ルメール騎手はこの勝利でクラシック完全制覇を達成した。 馬主は有限会社キャロットファーム、生産者は安平町のノーザンファーム

【C.ルメール騎手のコメント】
「直線で先頭に立った時、馬がスタンドを見て内にモタれました。ただ道中はずっといい感じでした。ホープフルSの勝ち方が凄かったですし、調教もいい感じだったので自信がありました。今日は休み明けで100%のデキではありません。トップコンディションでダービーに臨みたいです」

皐月賞の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • サートゥルナーリア
  • (牡3、栗東・角居厩舎)
  • 父:ロードカナロア
  • 母:シーザリオ
  • 母父:スペシャルウィーク
  • 通算成績:4戦4勝
  • 重賞勝利:
  • 19年皐月賞(G1)
  • 18年ホープフルS(G1)

サートゥルナーリア
サートゥルナーリア
サートゥルナーリア
サートゥルナーリア
サートゥルナーリア

土屋太鳳さんがプレゼンターを努めた


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。