競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【阪神牝馬S】桜花賞へ吉兆 川田&中内田厩舎のミッキーチャームが重賞初制覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回は52キロ以下で騎乗するトップジョッキーを取り上げましたが、先週の日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年04月06日(土)更新

【阪神牝馬S】桜花賞へ吉兆 川田&中内田厩舎のミッキーチャームが重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

ミッキーチャーム

4月6日(土)、2回阪神5日目11Rで第62回サンスポ杯阪神牝馬S(G2)(芝1600m)が行なわれ、川田将雅騎手騎乗の4番人気・ミッキーチャーム(牝4、栗東・中内田厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:33.6(良)。

2着には半馬身差で12番人気・アマルフィコースト(牝4、栗東・牧田厩舎)、3着にはクビ差で9番人気・ミエノサクシード(牝6、栗東・高橋亮厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたラッキーライラック(牝4、栗東・松永幹厩舎)は8着に敗れた。

3歳春以来のマイル戦となったダイアナヘイローがマイペースの逃げ。アマルフィコースト、クロコスミア、ミッキーチャームと続き、圧倒的1番人気に支持されたラッキーライラックは中団からレースを進める。4コーナーを迎えても隊列に大きな変化はなく直線勝負へ。
好位にいたミッキーチャームとアマルフィコーストがダイアナヘイローを捕らえて2頭の叩き合い。ミエノサクシード、クロコスミアが迫り、ダイアナヘイローも粘りを見せるが、ミッキーチャームがアマルフィコーストを半馬身差抑えてゴールを駆け抜けた。

勝ったミッキーチャームは、未勝利勝ちから3連勝で臨んだ秋華賞でアーモンドアイとコンマ2秒差の接戦を演じた実力馬。今年初戦の中山牝馬Sでは、まさかのドンジリ負けを喫したが、当日輸送の阪神で一変。明日の桜花賞でダノンファンタジーを送り出す中内田充正厩舎&川田騎手のコンビにとっては、同じ舞台で文句なしの予行演習となった。
馬主は野田みづき氏、生産者は浦河町の三嶋牧場

サンスポ杯阪神牝馬Sの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ミッキーチャーム
  • (牝4、栗東・中内田厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:リップルスメイド
  • 母父:Dansili
  • 通算成績:9戦4勝
  • 重賞勝利:
  • 19年阪神牝馬S(G2)

ミッキーチャーム
ミッキーチャーム
ミッキーチャーム

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。