競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【小倉大賞典】奥手の血が完全開花 スティッフェリオを重賞2連勝!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の北九州記念を勝ったのは秋山騎手が騎乗したダイメイプリンセスでした。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年02月17日(日)更新

【小倉大賞典】奥手の血が完全開花 スティッフェリオを重賞2連勝!

ニュース提供:競馬ラボ

スティッフェリオ

2月17日(日)、1回小倉4日目11Rで第53回小倉大賞典(G3)(芝1800m)が行なわれ、丸山元気騎手騎乗の3番人気・スティッフェリオ(牡5、栗東・音無厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:46.7(良)。

2着にはクビ差で1番人気・タニノフランケル(牡4、栗東・角居厩舎)、3着には1馬身半差で14番人気・サイモンラムセス(牡9、栗東・梅田智厩舎)が続いて入線した。

デビューから1度もハナを譲ったことがないマルターズアポジーが後手を踏んで最後方からの競馬。ペースを握ったのはサイモンラムセスで、後続を離してマイペースの逃げに持ち込む。2番手に1番人気のタニノフランケル、スティッフェリオは5番手に構え、マイスタイルは中団を進む。
サイモンラムセスが3馬身のリードをとって直線へ。タニノフランケル、スティッフェリオが捕らえにかかり、脚色良くスティッフェリオを突き抜けて連勝ゴールを飾った。

勝ったスティッフェリオは、前走の福島記念に続く重賞2連勝で通算7勝目。3歳時にはセントライト記念で4着と健闘し、菊花賞にも出走(14着)したが、その後は条件戦でじっくりと力を蓄え、昨年夏にオープン入りすると昇級初戦の札幌記念で5着。前走の福島記念で重賞初制覇を飾り、このレースもしっかりとした末脚で先行勢を捕らえて連勝。堂々と中距離G1戦線に名乗りを上げた。
馬主は有限会社社台レースホース、生産者は千歳市の社台ファーム

小倉大賞典の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • スティッフェリオ
  • (牡5、栗東・音無厩舎)
  • 父:ステイゴールド
  • 母:シリアスアティテュード
  • 母父:Mtoto
  • 通算成績:20戦7勝
  • 重賞勝利:
  • 19年小倉大賞典(G3)
  • 18年福島記念(G3)

スティッフェリオ
スティッフェリオ
スティッフェリオ
スティッフェリオ

俳優の井之脇海さんがプレゼンターを務めた


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。