競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【ユングフラウ賞】今週もフリオーソ!7番人気ポッドギルが逃げ切りV!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のヴィクトリアマイルはルメール騎手の代打としてノームコアに騎乗したレ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年02月13日(水)更新

【ユングフラウ賞】今週もフリオーソ!7番人気ポッドギルが逃げ切りV!

ニュース提供:競馬ラボ

ポッドギル

2月13日(水)、浦和競馬場11Rで行われた第11回 ユングフラウ賞(S2)(3歳 別定 牝馬 1着賞金1200万円 ダート1400m)は、矢野貴之騎手騎乗の7番人気・ポッドギル(牝3、大井・鈴木啓厩舎)が好スタートからハナを切ると道中マイペースで運び、直線では後続の追撃を抑えて優勝した。勝ちタイムは1:28.6(稍重)。

2着にクビ差で2番人気・トーセンガーネット(牝3、浦和・小久保智厩舎)、3着には4馬身差で9番人気・マーチャンスルー(牝3、川崎・高月賢厩舎)が続いた。デビューから3戦3勝、無敗の1番人気シントーアサヒ(牝3、船橋・佐藤裕厩舎)は4着、5戦4勝で大器と噂されるホウショウレイル(牝3、浦和・小久保智厩舎)は6着だった。

勝ったポッドギルは父フリオーソ、母カネショウメロン、母父ディアブロという血統。昨年8月の新馬戦を制した後は4戦して2着が3回となかなか勝ちきれない競馬が続いていたものの、前走は極度の内有利馬場ながら外を回り、直線でも外から差を詰める2着と見所のあるレースを続けていた。フリオーソ産駒は先週の大井・雲取賞(S3)に続いて、2週連続の南関重賞制覇となった。

馬主は小川眞査雄氏、生産者は新ひだか町の下屋敷牧場。

  • ポッドギル
  • (牝3、大井・鈴木啓厩舎)
  • 父:フリオーソ
  • 母:カネショウメロン
  • 母父:ディアブロ
  • 通算戦績:6戦2勝
  • 重賞勝利:ユングフラウ賞(S2)

ポッドギル
ポッドギル
ポッドギル
ポッドギル

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。