競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【シルクロードS】父ロードカナロアと同じ歩みでダノンスマッシュが重賞2連勝!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

【東大卒】水上学が大暴れ!

サムネ画像中期的馬券プラン「戦略的集中プロジェクト」で特別鞍を提供した水上学。改めて切れ味...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週は土曜の東京が雪の影響で中止。月曜に順延となりました。 土曜東...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年01月27日(日)更新

【シルクロードS】父ロードカナロアと同じ歩みでダノンスマッシュが重賞2連勝!

ニュース提供:競馬ラボ

ダノンスマッシュ

1月27日(日)、2回京都2日目11Rで第24回シルクロードS(G3)(芝1200m)が行なわれ、北村友一騎手騎乗の1番人気・ダノンスマッシュ(牡4、栗東・安田隆厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:08.3(良)。

2着には1馬身1/4差で11番人気・エスティタート(牝6、栗東・松永幹厩舎)、3着にはクビ差で12番人気・ティーハーフ(牡9、栗東・西浦厩舎)が続いて入線した。

外から押してセイウンコウセイがハナを主張。ダノンスマッシュは無理せず好位のインでジックリと脚を溜める。セイウンコウセイは3馬身ほど離して逃げ、その後ろはほぼ一団で直線へ。
中団にいたアレスバローズが外から一気にポジションを上げ、セイウンコウセイを交わして先頭。そのまま押し切るかに見えたが、インから馬場の中央に持ち出したダノンスマッシュが一気に弾けてゴール。鮮やかに重賞2連勝を決めた。

勝ったダノンスマッシュは、前走の京阪杯に続く重賞2連勝で、これは偉大な父ロードカナロアと同じ歩み。3歳春はもどかしい競馬が続いたが、そこで無理せず立て直したのが功を奏して、このレースも着差以上に強い内容。ファインニードル、レッドファルクスが引退したスプリント路線に頼もしい主役候補が現れた。
馬主は株式会社ダノックス、生産者は新ひだか町のケイアイファーム

シルクロードSの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ダノンスマッシュ
  • (牡4、栗東・安田隆厩舎)
  • 父:ロードカナロア
  • 母:スピニングワイルドキャット
  • 母父:Hard Spun
  • 通算成績:11戦5勝
  • 重賞勝利:
  • 19年シルクロードS(G3)
  • 18年京阪杯(G3)

ダノンスマッシュ
ダノンスマッシュ
ダノンスマッシュ
ダノンスマッシュ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。