競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【京成杯】太目感なしクリスタルバローズ「腰がパンとしてきた」
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回は52キロ以下で騎乗するトップジョッキーを取り上げましたが、先週の日...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年01月10日(木)更新

【京成杯】太目感なしクリスタルバローズ「腰がパンとしてきた」

ニュース提供:競馬ラボ

クリスタルバローズ

京成杯へ向けて調整されるクリスタルバローズ

10日、京成杯(G3)の追い切りが美浦トレセンで行われた。

前走、札幌2歳ステークス6着のクリスタルバローズ(牡3、美浦・奥村武厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F71.9-56.5-42.2-14.2秒をマークした。

【奥村武調教師のコメント】
「先週北村宏司騎手が乗って馬がピリッとしてきたので、最終追い切りはやり過ぎないようにしました。併せ馬であまり時計を出さないようにしましたが、仕上がりは十分です。体は10キロくらい増えていると思いますが、見た目でも太さは感じられませんし体重増は成長分でしょう。馬体のシルエットはそれほど変わらず全体的に成長した感じですが、しいて言えば腰がパンとしてきましたね。中山2000は1コーナーまで距離がありますし、前走の札幌1800よりコース形態は合うと思います」