競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【中日新聞杯】驚異の粘りを見せた3歳馬ギベオンが重賞初制覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

万券連発の年末年始開催を徹底攻略!

年明けはドル箱開催!水上学14人気◎⇒大万馬券!獲れる根拠は? ──昨年、一昨年のプレミアム予想...
続きを読む

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週は香港国際競走があり、ルメール騎手もM.デムーロ騎手も不在。 阪神...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年12月08日(土)更新

【中日新聞杯】驚異の粘りを見せた3歳馬ギベオンが重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

ギベオン

12月8日(土)、4回中京3日目11Rで第54回中日新聞杯(G3)(芝2000m)が行なわれ、C.デムーロ騎手騎乗の1番人気・ギベオン(牡3、栗東・藤原英厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:59.3(良)。

2着にはハナ差で12番人気・ショウナンバッハ(牡7、美浦・上原厩舎)、3着には4馬身差で7番人気・ストロングタイタン(牡5、栗東・池江寿厩舎)が続いて入線した。

マイスタイルが大外からハナを主張。向こう正面では馬群は縦長となり、ギベオンはちょうど真ん中あたりを追走し、直後に連覇を狙うメートルダールがマーク。淀みのない流れで直線の決め手勝負へ。
一杯となったマイスタイルに代わってギベオンが堂々と先頭。そのまま押し切るかと思えたところ、道中は後方3番手にいたショウナンバッハがグングン差を詰めて、残り100mで今度はショウナンバッハが先頭に躍り出る。しかし、そこからギベオンが再び盛り返して2頭並んでゴール。写真判定の結果、ハナ差ギベオンが差し返して重賞初勝利を挙げた。

勝ったギベオンは、デビューから2連勝のあと、毎日杯でブラストワンピースに次ぐ2着に入り、続くNHKマイルCでも勝ったケイアイノーテックとクビ差の2着と好走。世代トップクラスの素質を見せていた。秋初戦のセントライト記念こそ一気の距離延長で伸びを欠いたが、ひと息入れて立て直しのこのレースでは、一旦はショウナンバッハに交わされながら、驚異的な粘りを見せて重賞初制覇。改めて3歳世代の強さを見せ付けた。また、騎乗したC.デムーロ騎手は昨年のメートルダールに続く連覇達成となった。
馬主は有限会社社台レースホース、生産者は千歳市の社台ファーム

中日新聞杯の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ギベオン
  • (牡3、栗東・藤原英厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:コンテスティッド
  • 母父:Ghostzapper
  • 通算成績:6戦3勝
  • 重賞勝利:
  • 18年中日新聞杯(G3)

ギベオン
ギベオン
ギベオン
ギベオン
ギベオン

的場浩司さんがプレゼンターを務めた


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。