競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【チャンピオンズC】ルヴァンスレーヴが再び古馬を一蹴 ダート路線に真の王者誕生!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

【東大卒】水上学が大暴れ!

サムネ画像中期的馬券プラン「戦略的集中プロジェクト」で特別鞍を提供した水上学。改めて切れ味...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のフェブラリーSは、武豊騎手が騎乗したインティが逃げ切り勝ちを決めま...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年12月02日(日)更新

【チャンピオンズC】ルヴァンスレーヴが再び古馬を一蹴 ダート路線に真の王者誕生!

ニュース提供:競馬ラボ

ルヴァンスレーヴ

12月2日(日)、4回中京2日目11Rで第19回チャンピオンズカップ(G1)(ダ1800m)が行なわれ、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気・ルヴァンスレーヴ(牡3、美浦・萩原厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:50.1(良)。

2着には2馬身半差で8番人気・ウェスタールンド(セ6、栗東・佐々晶厩舎)、3着にはクビ差で3番人気・サンライズソア(牡4、栗東・河内厩舎)が続いて入線。2番人気のケイティブレイブ(牡5、栗東・杉山厩舎)は11着に敗れた。

好スタートを決めたアンジュデジールがそのままハナへ。ルヴァンスレーヴはヒラボクラターシュ、インカンテーションとともに2番手グループを形成。ケイティブレイブはちょうど中団あたり、ウェスタールンドは離れた最後方で直線勝負にかける。
マイペースで逃げるアンジュデジールを目掛けてルヴァンスレーヴがラストスパート。残り200mで先頭に立つと2着争いを尻目にリードを広げてゴール。際どくなった2着には4コーナーでも最後方にいたウェスタールンドが入った。

勝ったルヴァンスレーヴは、重賞4連勝でG1級レース4勝目。前走の南部杯でゴールドドリームらをゆうゆうと退け、単勝オッズ1.9倍の圧倒的な1番人気に支持された今回も未対戦のJBCクラシックの覇者ケイティブレイブ、JBCレディスクラシックの覇者アンジュデジールらを一蹴。混沌としていたダート路線に真の王者が誕生した。
馬主は株式会社G1レーシング、生産者は白老町の(有)社台コーポレーション白老ファーム

チャンピオンズカップの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ルヴァンスレーヴ
  • (牡3、美浦・萩原厩舎)
  • 父:シンボリクリスエス
  • 母:マエストラーレ
  • 母父:ネオユニヴァース
  • 通算成績:8戦7勝
  • 重賞勝利:
  • 18年チャンピオンズC(G1)
  • 18年南部杯(Jpn1)
  • 18年ジャパンDD(Jpn1)
  • 18年ユニコーンS(G3)
  • 17年全日本2歳優駿(Jpn1)

ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ
ルヴァンスレーヴ

高畑充希さんがプレゼンターを務めた


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。