競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 断然支持のディープ産駒サトノラディウスがマッチレースを制する!…東京新馬
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた川島騎手は関屋記念でミエノサクシードに騎乗し2着...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年11月11日(日)更新

断然支持のディープ産駒サトノラディウスがマッチレースを制する!…東京新馬

ニュース提供:競馬ラボ

サトノラディウス

11月11日(日)、5回東京4日目5Rで2歳新馬(芝2000m)が行なわれ、北村宏司騎手騎乗の1番人気・サトノラディウス(牡2、美浦・国枝厩舎)が優勝。五分のスタートから周りの様子を見ながら運び、向正面に入ったところで3番手まで押し上げて折り合う。仕掛けられながら直線に入り、他馬より鞍上の手が動いてはいたが、2着馬との追い比べになってからは末脚で上回り差し切った。勝ちタイムは2:08.3(良)。

2着には3/4馬身差で2番人気・トリックスター(牡2、美浦・鹿戸雄厩舎)、3着には2馬身差で4番人気・アキノコマチ(牝2、美浦・田中剛厩舎)が続いて入線した。

勝ったサトノラディウスの母アーヴェイは10年フラワーボウル招待S(米G1)など重賞2勝、同年のエリザベス女王杯(G1)で来日している。馬主は株式会社サトミホースカンパニー、生産者は千歳市の社台ファーム

2歳新馬の全着順・払戻金はコチラ⇒

1着 サトノラディウス(北村宏騎手)
「スタートはゆっくりでしたが、ペースが上がる前にいいところにつけられました。本気になるまで時間は掛かりますが、直線で併せてからは力をいれて前に出てくれました」

2着 トリックスター(大野騎手)
「様子をうかがいながらの追走でしたが、直線はいい脚でした。慣れてくるといいですね」

3着 アキノコマチ(江田照騎手)
「追い切りの反応がある馬で、ある程度やれると思っていました。ラストは伸びてくれています」

4着 マイネルペンドラム(柴田大騎手)
「競馬が上手な馬ですね。まだ周りに気を使っていました。ラスト1Fで本気になって走ってくれました。慣れてくれればと思います。いいモノは持っています」

  • サトノラディウス
  • (牡2、美浦・国枝厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:アーヴェイ
  • 母父:Danehill Dancer

サトノラディウス
サトノラディウス

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。