競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【京都ジャンプS】圧逃劇を見せたタマモプラネットが重賞初制覇!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年11月10日(土)更新

【京都ジャンプS】圧逃劇を見せたタマモプラネットが重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

11月10日(土)、5回京都3日目8Rで第20回京都ジャンプS(G3)(障3170m)が行なわれ、熊沢重文騎手騎乗の2番人気・タマモプラネット(牡8、栗東・南井厩舎)がスタートから先手を奪うとそのまま大逃げに持ち込み、最後まで影を踏ませない逃走劇を見せて優勝した。勝ちタイムは3:33.5(良)。

2着には3馬身差で3番人気・ミヤジタイガ(牡8、栗東・武幸厩舎)、3着には4馬身差で1番人気・マイネルプロンプト(セ6、栗東・坂口則厩舎)が続いて入線した。

勝ったタマモプラネットは父ネオユニヴァース、母チャームスター、近親にダイヤモンドS(G3)を勝ったタマモイナズマ、小倉大賞典(G3)を制したタマモヒビキがいる血統。2012年12月に阪神芝マイル戦で新馬勝ちを挙げ、2014年秋に入障。軽快なスピードを武器に障害ファンを湧かせてきた。これまで2度牛若丸ジャンプSを制しているものの、重賞はこれが嬉しい初勝利。前走の東京ハイジャンプは最終障害で落馬、悔しい競走中止となっていた。

馬主はタマモ株式会社、生産者は新ひだか町の前田牧場

京都ジャンプSの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • タマモプラネット
  • (牡8、栗東・南井厩舎)
  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:チャームスター
  • 母父:タマモクロス
  • 通算成績:34戦6勝
  • 重賞勝利:18年京都ジャンプS(JG3)


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

【京都ジャンプS】圧逃劇を見せたタマモプラネットが重賞初制覇!