競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【メルボルンC】3歳馬クロスカウンターが大外一気V!チェスナットコートは14着
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた木幡初騎手は、先週の函館8レースもトウショウデュ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年11月06日(火)更新

【メルボルンC】3歳馬クロスカウンターが大外一気V!チェスナットコートは14着

ニュース提供:競馬ラボ

クロスカウンター

11月6日(火)、オーストラリア・フレミントン競馬場で第158回 メルボルンカップ(G1)(1着賞金400万豪ドル 芝3200m)が行われ、K.マカヴォイ騎手の7番人気・クロスカウンター(セ3、イギリス・C.アップルビー厩舎)が優勝。道中は後方で脚をため、直線で大外から一気に差し切った。イギリス調教馬の同レース制覇は初めて。勝ちタイムは3:21.1(重)。

2着はH.ボウマン騎手のマルメロ(牡5、イギリス・H.モリソン厩舎)、3着はM.ウォーカー騎手のアプリンスオブアラン(セ5、イギリス、C.フェローズ厩舎)が続いて入線。日本から参戦した川田将雅騎手騎乗のチェスナットコート(牡4、栗東・矢作厩舎)は中団の後ろからレースを進めたが、伸びを欠いて14着に敗れた。

勝ったクロスカウンターはデビュー8戦目で今回がG1初挑戦。ハンデ51キロを生かし、オーストラリア伝統のG1レースを制した。

  • クロスカウンター
  • (セ3、イギリス・C.アップルビー厩舎)
  • 父:テオフィロ
  • 母:ウェイトレス
  • 母父:キングマンボ
  • 通算成績:8戦5勝
  • 重賞勝利:
  • 18年メルボルンカップ(G1)
  • 18年ゴードンS(G3)

クロスカウンター
クロスカウンター
チェスナットコート

14着に終わったチェスナットコート


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。