競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 大混戦を制したのは単勝232.1倍のキセキノカガヤキ!…京都新馬
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年10月20日(土)更新

大混戦を制したのは単勝232.1倍のキセキノカガヤキ!…京都新馬

ニュース提供:競馬ラボ

キセキノカガヤキ

10月20日(土)、4回京都6日目5Rで2歳新馬(芝1400m)が行なわれ、加藤祥太騎手騎乗の15番人気・キセキノカガヤキ(牝2、栗東・小崎厩舎)が優勝。好スタートを決めて、道中は内の各馬の出方を見ながら中団の外めを追走。直線では馬群が大きく広がる大混戦となったが、ゴール前3頭の攻防をアタマ差制してトップでゴールを駆け抜けた。勝ちタイムは1:22.7(良)。

2着にはアタマ差で5番人気・ティレニア(牝2、栗東・高橋亮厩舎)、3着にはハナ差で1番人気・ブランノワール(牝2、栗東・須貝尚厩舎)が続いて入線した。

勝ったキセキノカガヤキは、昨年のセレクトセールにて1188万円で落札。近親にアメリカJCC、アルゼンチン共和国杯を勝ったマチカネキンノホシ、エルムSを勝ったマチカネニホンバレがいるトーセンホマレボシ産駒で、この世代4頭目の勝ち上がり。攻め馬では目立つ時計は出ていなかったが、芝の実戦で鮮やかな変わり身を見せ、単勝15番人気、232.1倍での激走。3連単は172万9980円の大波乱となった。
馬主はライオンレースホース株式会社、生産者は洞爺湖町のレイクヴィラファーム

2歳新馬の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • キセキノカガヤキ
  • (牝2、栗東・小崎厩舎)
  • 父:トーセンホマレボシ
  • 母:マチカネセキガハラ
  • 母父:フジキセキ

キセキノカガヤキ
キセキノカガヤキ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。