競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【フォワ賞】クリンチャーはしんがり6着 ヴァルトガイストが差し切り快勝!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 今週は2つの高気圧が列島を覆うので、3場ともほぼ晴れそう。ただし日曜の関東は...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のJBCスプリントも、グレイスフルリープに騎乗したルメール騎手が制し...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年09月16日(日)更新

【フォワ賞】クリンチャーはしんがり6着 ヴァルトガイストが差し切り快勝!

ニュース提供:競馬ラボ

フォワ賞

最後は粘りを欠いたクリンチャー 武豊騎手は休み明けに敗因を求めた

9月16日(日)、フランスのパリロンシャン競馬場でフォワ賞(G2)(4歳上牡・牝 1着賞金約966万円 芝右2400m)が行われ、ピエール・シャルル・ブドー騎手ヴァルトガイスト(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)が勝利。

日本から武豊騎手騎手とのコンビで挑んだクリンチャー(牡4、栗東・宮本厩舎)はしんがり6着。道中はやや行きたがり、ハナでレースを進めるも、直線を向くと力尽きた。5月の天皇賞・春以来となる実戦、初の海外遠征と厳しい条件揃いだったが、3週間後の本番・凱旋門賞まで、どこまで上積みをがあるか。

2着はタリスマニック(牡5、仏・A.ファーブル厩舎)、3着はクロスオブスターズ(牡5、仏・A.ファーブル厩舎)が続いて入線。地元ファーブル厩舎が3頭出しで3着を独占した。

勝ったヴァルトガイストは父ガリレオの産駒でイギリス生産馬。2016年9月8日にデビューすると、キャリア3戦目、一昨年10月のクリテリウムドサンクルーでG1初制覇。

3歳時は仏ダービー、愛ダービーなどに挑戦するも勝利することができなかったが、今年5月のG3・エドゥヴィル賞を制したのを皮切りに、G2・シャンティイ大賞、G1・サンクルー大賞と3連勝していた。

馬主はGestut Ammerland & Newsells Park Stud、生産者はイギリスのTHE WALDLERCHE PARTNERSHIP。騎乗していたPCブドー騎手はフォワ賞初勝利だった。

フォワ賞は4歳以上古馬の凱旋門賞前哨戦。過去には日本のオルフェーヴルやエルコンドルパサーなどが制したことでも知られる。

ヴァルトガイスト
(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)
父:Galileo
母:Waldlerche
母父:Monsun
通算成績:12戦6勝
重賞勝利:
18年フォワ賞(G2)
18年サンクルー大賞(G1)
18年シャンティイ大賞(G2)
18年エドゥヴィル賞(G3)
16年クリテリウムドサンクルー(G1)

ヴァルトガイスト

勝ったヴァルトガイスト 凱旋門賞へ新星誕生をアピールする勝ちっぷりだった

フォワ賞

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。