競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【札幌記念】サングレーザーが激戦制し重賞3勝目!マカヒキ2着
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

万券連発の年末年始開催を徹底攻略!

年明けはドル箱開催!水上学14人気◎⇒大万馬券!獲れる根拠は? ──昨年、一昨年のプレミアム予想...
続きを読む

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週は香港国際競走があり、ルメール騎手もM.デムーロ騎手も不在。 阪神...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年08月19日(日)更新

【札幌記念】サングレーザーが激戦制し重賞3勝目!マカヒキ2着

ニュース提供:競馬ラボ

サングレーザー

8月19日(日)、2回札幌2日目11Rで第54回 札幌記念(G2)(芝2000m)が行なわれ、福永祐一騎手騎乗の2番人気・サングレーザー(牡4、栗東・浅見厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:01.1(稍重)。

2着にはハナ差で1番人気・マカヒキ(牡5、栗東・友道厩舎)、3着にはアタマ差で4番人気・モズカッチャン(牝4、栗東・鮫島厩舎)が続いて入線した。

勝ったサングレーザーは2016年7月の中京でデビュー(当時の勝ち馬はダンビュライト)。2戦目の札幌芝1800m戦でサトノアレスを降し、初勝利。以降は折り合い面の課題から徐々に距離を短縮。昨春5月に2勝目を挙げると、そこから4連勝でスワンSを制し、重賞初勝利を挙げた。G1初挑戦となったマイルチャンピオンシップでも3着に健闘すると、今年のマイラーズCも制し、重賞タイトルを重ねた。久々の10F戦となった今回は距離を克服。今後の視界が広がる一戦となった。馬主は株式会社G1レーシング、生産者は安平町の追分ファーム

1着サングレーザー(福永騎手)
「距離がもたなかったら仕方がない、という感じで競馬をしました。スタートしてから出たなりで運んで手応えはずっと良かったですけど、どう捌くか考えていても突破口が見つけられませんでした。外から勢い良く来られましたが、そこで慌てるとロスがあると思って我慢して、最後に1頭分のスペースへ入ることができました。自分自身は上手く追えませんでしたが、馬がよく応えてくれました。馬が成長してフォームが変わってきたことで距離をこなせましたし、今後の選択肢が広がりましたね」

札幌記念の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • サングレーザー
  • (牡4、栗東・浅見厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:マンティスハント
  • 母父:Deputy Minister
  • 通算成績:15戦7勝
  • 重賞勝利:
  • 18年マイラーズC(G2)
  • 17年スワンS(G2)

サングレーザー
サングレーザー
サングレーザー
サングレーザー
サングレーザー

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。