競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【関屋記念】51キロの3歳牝馬プリモシーンが重賞2勝目!ディープ産駒が上位独占!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のサウジアラビアRCを制したのは、単勝1.3倍という圧倒的な人気に支...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年08月12日(日)更新

【関屋記念】51キロの3歳牝馬プリモシーンが重賞2勝目!ディープ産駒が上位独占!

ニュース提供:競馬ラボ

プリモシーン

8月12日(日)、2回新潟6日目11Rで第53回関屋記念(G3)(芝1600m)が行なわれ、北村宏司騎手騎乗の1番人気・プリモシーン(牝3、美浦・木村厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:31.6(良)。

2着にはクビ差で5番人気・ワントゥワン(牝5、栗東・藤岡健厩舎)、3着には1馬身1/4差で3番人気・エイシンティンクル(牝5、栗東・坂口則厩舎)が続いて入線した。ディープインパクト産駒が1~3着を独占した。

勝ったプリモシーンは未勝利勝ちからフェアリーS(G3)を連勝、前走のNHKマイルC(G1)では勝ち馬から0秒2差の5着と健闘していた。51キロの軽量を味方につけての勝利だったが、古馬相手に完勝を決めたことで秋以降の活躍にも注目が集まることだろう。馬主は有限会社シルクレーシング、生産者は安平町のノーザンファーム

関屋記念の全着順・払戻金はコチラ⇒

1着 プリモシーン(北村宏騎手)
「スタートしてから流れに乗れればと思っていましたが、上手く出てくれて道中はリズム良く運べました。もう少し追い出しを待っても良かったかもしれませんが、馬がよく踏ん張ってくれました」

  • プリモシーン
  • (牝3、美浦・木村厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:モシーン
  • 母父:Fastnet Rock
  • 通算成績:6戦3勝
  • 重賞勝利:
  • 18年関屋記念(G3)
  • 18年フェアリーS(G3)

プリモシーン
プリモシーン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。