競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【中京記念】未完の大器グレーターロンドンがレコードV 悲願の重賞初制覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた木幡初騎手は、先週の函館8レースもトウショウデュ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年07月22日(日)更新

【中京記念】未完の大器グレーターロンドンがレコードV 悲願の重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

グレーターロンドン

7月22日(日)、3回中京8日目11Rで第66回トヨタ賞中京記念(G3)(芝1600m)が行なわれ、田辺裕信騎手騎乗の1番人気・グレーターロンドン(牡6、美浦・大竹厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:32.3(良)。

2着には3/4馬身差で5番人気・ロジクライ(牡5、栗東・須貝尚厩舎)、3着には1馬身半差で4番人気・リライアブルエース(牡5、栗東・矢作厩舎)が続いて入線した。

まず飛び出したのはアメリカズカップ、マイネルアウラートだったが、そこへ昨年の覇者ウインガニオンも加わり、速い流れで馬群は縦長に。グレーターロンドンは2番手集団の外をゆうゆうと追走。前半の1000mが57秒フラットというハイペースで最後の直線勝負。
内をすくったアメリカズカップが粘り込みをはかるところを馬場の中央からロジクライが捕らえて先頭。しかし、大外からグレーターロンドンが1頭違う脚色で突き抜けてそのままコースレコードでゴール。

勝ったグレーターロンドンは、母が桜花賞2着のロンドンブリッジ、姉にオークス馬ダイワエルシエーロがいる良血で、15年2月の新馬戦を快勝。2戦目の山吹賞はクビ差2着と敗れたが、そこから長期休養を挟みながら5連勝を果たし、重賞初挑戦となった安田記念でも0.1秒差の4着に健闘した逸材。重賞制覇は時間の問題と思われたが、その後は惜敗が続き、この春は賞金不足でG1に出走できなかったが、ここで待望の賞金加算に成功。秋の大舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみだ。
馬主は窪田芳郎氏、生産者は日高町の下河辺牧場

トヨタ賞中京記念の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • グレーターロンドン
  • (牡6、美浦・大竹厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:ロンドンブリッジ
  • 母父:ドクターデヴィアス
  • 通算成績:15戦7勝
  • 重賞勝利:
  • 18年中京記念(G3)

グレーターロンドン
グレーターロンドン
グレーターロンドン
グレーターロンドン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。