競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【プロキオンS】世界を肌で知ったマテラスカイが驚異的なレコードV!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年07月08日(日)更新

【プロキオンS】世界を肌で知ったマテラスカイが驚異的なレコードV!

ニュース提供:競馬ラボ

マテラスカイ

7月8日(日)、3回中京4日目11Rで第23回プロキオンステークス(G3)(ダ1400m)が行なわれ、武豊騎手騎乗の5番人気・マテラスカイ(牡4、栗東・森厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:20.3(不良)。

2着には4馬身差で1番人気・インカンテーション(牡8、栗東・羽月厩舎)、3着には半馬身差で2番人気・ウインムート(牡5、栗東・加用厩舎)が続いて入線した。

先手を取りたい馬が多く、注目された先行争いは好スタートを決めたマテラスカイがアッサリとハナへ。ウインムート、ブラゾンドゥリスが続き速いラップを刻む。連覇を狙うキングズガード、1番人気のインカンテーションは後方から終い勝負を選択。
終始2馬身ほどのリードを取ってマテラスカイが楽な手応えで直線へ。後続勢が差を詰めようとするが、脚抜きのいい馬場を味方にマテラスカイの逃げ脚が全く衰えず、直線半ばで勝負あり。ようやくインカンテーションが追い込んで際どくなった2着争いを尻目にゆうゆうと逃げ切った。

勝ったマテラスカイは、2連勝で重賞初制覇だが、2走前はドバイのG1ドバイゴールデンシャヒーンに挑戦して見せ場たっぷりの5着。前走の3馬身半差に続き、このレースは従来のJRAレコードを1秒2も更新する圧巻のタイムで4馬身差の逃走劇。年が明けて完全に本格化し、ダート短距離界にニューヒーローが誕生した。
馬主は大野剛嗣氏、生産者は米のLynchBagesLTD。馬名の意味由来は「冠名+空」。

プロキオンステークスの結果・払戻金はコチラ⇒

  • マテラスカイ
  • (牡4、栗東・森厩舎)
  • 父:Speightstown
  • 母:Mostaqeleh
  • 母父:Rahy
  • 通算成績:19戦6勝
  • 重賞勝利:
  • 18年プロキオンS(G3)

マテラスカイ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。