競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 調教抜群のクリスタルバローズが押し切って快勝!…福島新馬
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年07月08日(日)更新

調教抜群のクリスタルバローズが押し切って快勝!…福島新馬

ニュース提供:競馬ラボ

クリスタルバローズ

7月8日(日)、2回福島4日目5Rで2歳新馬(芝1800m)が行なわれ、北村宏司騎手騎乗の3番人気・クリスタルバローズ(牡2、美浦・奥村武厩舎)が優勝。好スタートから2番手を進み、4コーナー手前で先頭に立つとそのまま押し切った。勝ちタイムは1:53.2(良)。

1馬身3/4差の2着には、1番人気に推されたデニムアンドルビーの半妹・グロリアーナ(牝2、美浦・木村厩舎)、3着には3/4馬身差で2番人気・チェサピークベイ(牡2、美浦・戸田厩舎)が続いて入線した。

勝ったクリスタルバローズは、3歳馬を圧倒するなど調教で示した能力の高さをレースでも生かした。馬主は猪熊広次氏、生産者は新冠町のシンユウフアーム。馬名の意味由来は「結晶+冠名」。

2歳新馬の結果・払戻金はコチラ⇒

1着 クリスタルバローズ(北村宏騎手)
「大きな馬で少し荒々しい走りをしているので、スムーズに流れに乗れるかどうかでしたが、上手く流れに乗れました。追ってから少し戸惑うところを見せましたが、最後までよく頑張ってくれました」

2着 グロリアーナ(石橋脩騎手)
「しっかり調教されている感じがあったので、レース前から何も心配することはありませんでした。上手くスタートを切れましたし、勝ち馬の後ろでジッとしてペースが上がってから一緒に上がっていけました。直線でも手前を替えて、しっかり脚を使ってくれました。まだ肉体面で良くなりそうですし、伸びシロがありますよ」

3着 チェサピークベイ(田辺騎手)
「出脚がつかず後方からになりました。流れが遅かったですし、自分から動きたいと思っていたので積極的に動いていきましたが、前の馬の脚が溜まっていましたね」

4着 ワイルドオーキッド(柴田大騎手)
「周りの馬を気にしながら走るところもありましたが、内容は悪くなかったです。ペースが速くなったときに置かれましたが、最後はよく盛り返してくれました。使って変わってくると思います」

5着 ダイチヴィーゼ(津村騎手)
「まだ体が緩いですけど、気持ちがあるので前に行けました。体力的にはまだしんどいところがありましたが、よく頑張ってくれました。これから良くなってくると思います」

  • クリスタルバローズ
  • (牡2、美浦・奥村武厩舎)
  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:クロスバラード
  • 母父:タイキシャトル

クリスタルバローズ
クリスタルバローズ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。