競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ヴィクトワールピサ産駒アンブロークンが楽々と押し切り勝ち!…東京新馬
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年06月24日(日)更新

ヴィクトワールピサ産駒アンブロークンが楽々と押し切り勝ち!…東京新馬

ニュース提供:競馬ラボ

アンブロークン

6月24日(日)、3回東京8日目5Rで2歳新馬(芝1800m)が行なわれ、石川裕紀人騎手騎乗の1番人気・アンブロークン(牡2、美浦・手塚厩舎)が優勝。五分のスタートから軽く仕掛けられるとスッと2番手へ。緩い流れでもしっかりと折り合って、楽な手応えのまま直線へ。直線に入ると同時に先頭に立つくらいで、他馬が仕掛ける中で持ったまま抜け出す。ムチも最後に一発入るくらいで、2着馬の追撃を楽々と振り切った。勝ちタイムは1:50.5(重)。

2着には半馬身差で4番人気・オメガ(牡2、栗東・中内田厩舎)、3着には1馬身半差で3番人気・ハヤヤッコ(牡2、美浦・国枝厩舎)が続いて入線した。

勝ったアンブロークンは、2017年1歳セレクトセールで4968万円(税込)で取り引きされた。母リップスポイズンはドイツ産馬で、2011年にドイツ1000ギニー(G2)を制覇している。手綱をとった石川騎手は、土日の新馬戦を勝利。馬主は馬場幸夫氏、生産者は安平町のノーザンファーム。馬名の意味由来は「不屈の男」。

2歳新馬の結果・払戻金はコチラ⇒

1着 アンブロークン(石川騎手)
「まだ幼いところがありますね。スピードがありすぎるので、競馬を覚えてくれれば大きなところを取れると思います」

2着 オメガ(萩野極騎手)
「いい形でレースを進めることができました。勝ち馬には末脚で劣りましたが、レース慣れして変わりそうな気配はあります。。能力は感じますよ」

3着 ハヤヤッコ(三浦騎手)
「まだ周りを気にするので、外枠からじっくり運べて良かったです。徐々にエンジンが掛かってからいい伸びを見せてくれました」

4着 クィーンユニバンス(田辺騎手)
「行儀がいい馬ですね。センスもいいので、もう少しパワーアップしてくれれば」

5着 セイウンオフロード(津村騎手)
「ちょっとテンションが高く心配しましたが、ゲートの中でおとなしすぎましたね。使って変わりそうです」

  • アンブロークン
  • (牡2、美浦・手塚厩舎)
  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:リップスポイズン
  • 母父:Mamool

アンブロークン
アンブロークン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。