競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【大井記念】1番人気リッカルドが移籍後無傷の4連勝で帝王賞へ名乗り!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬目前!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 立夏のころは、すでに真夏だったのだが、夏至間近の18日はといえば、最高気温が...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年05月23日(水)更新

【大井記念】1番人気リッカルドが移籍後無傷の4連勝で帝王賞へ名乗り!

ニュース提供:競馬ラボ

リッカルド

5月23日(水)、大井競馬場11Rで行われた第63回大井記念(S1)(4歳上 定量 1着賞金3200万円 ダート2000m)は、矢野貴之騎手騎乗の1番人気・リッカルド(セ7、船橋・佐藤裕厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:06.2(良)。

2着に3馬身差で9番人気・サブノクロヒョウ(牡5、大井・阪本一厩舎)、3着には1馬身3/4差で2番人気・ヒガシウィルウィン(牡4、船橋・佐藤賢厩舎)が続いて入線した。

キングミニッツが先手を奪い、サブノクロヒョウが番手追走。その後ろにヒガシウィルウィンが付け、それを見る形でリッカルドが続く。3コーナーを迎えキングミニッツは後退。代わってサブノクロヒョウが先頭に躍り出るが、大外からリッカルドが瞬く間に交わして直線入口で堂々と先頭に立つ。
直線に入ってもリッカルドの脚色は衰えることなく、徐々にリードを広げ、懸命に食らい付くサブノクロヒョウ、ヒガシウィルウィンらをゆうゆうと振り切った。

勝ったリッカルドはは、中央時代にエルムSを勝った実力馬で、1月のポルックスS5着のあと南関東へ移籍。初戦の報知グランプリCを7馬身差で快勝すると、続くフジノウェーブ記念、ブリリアントCも危なげない内容で快勝。今回は昨年のジャパンダートダービーを勝ったヒガシウィルウィンとの初対決が注目となったが、全く問題にせず移籍後無傷の4連勝。南関東のトップとして帝王賞に挑む。
馬主は(株)レックス、生産者は新ひだか町の岡田スタツド。馬名の意味由来は「力強い支配者を意味するイタリアの男性名」。

  • リッカルド
  • (セ7、船橋・佐藤裕厩舎)
  • 父:フサイチリシャール
  • 母:キョウエイハツラツ
  • 母父:オペラハウス
  • 通算成績:39戦10勝
  • 重賞勝利:
  • 18年大井記念(S1)
  • 18年ブリリアントC(S3)
  • 18年フジノウェーブ記念(S3)
  • 18年報知グランプリC(S3)
  • 16年エルムS(G3)

リッカルド

リッカルド

リッカルド

リッカルド


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。