競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【オークス】アーモンドアイ牝馬2冠へ! ルメール「彼女は自分の仕事を知っています」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 今週は2つの高気圧が列島を覆うので、3場ともほぼ晴れそう。ただし日曜の関東は...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のJBCスプリントも、グレイスフルリープに騎乗したルメール騎手が制し...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年05月16日(水)更新

【オークス】アーモンドアイ牝馬2冠へ! ルメール「彼女は自分の仕事を知っています」

ニュース提供:競馬ラボ

アーモンドアイ

オークスに向けて追い切りを行うアーモンドアイ

16日、オークス(G1)の追い切りが美浦トレセンで行われた。

●前走、桜花賞を制したアーモンドアイ(牝3、美浦・国枝厩舎)は、ルメール騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F85.0-68.9-53.6-39.0-12.0秒をマークした。

【国枝栄調教師のコメント】
「先週も良い追い切りができたので、今週はやり過ぎずかと言って終いは少し伸ばしてもいいかな、と考えていました。直線に向いたとき一完歩ちょっと待ってアクションを起こして、という感じで終いの反応を確かめたようでしたね。全く問題はないと思います。

前走は、道中は思ったより後ろのポジションだなと思っていましたが、4コーナーで上手く外へ出してきてそれからですね。本当にいけるな、と思ったのは1ハロン手前かなという感じでした。ああいう競馬ができましたから、距離2400のオークスも大丈夫じゃないかなと思いました。レース後も走ってきた割りに息の入りが良かったですし、馬も落ち着いていました。レース後はノーザンファーム天栄に放牧に出して、牧場でも普通に乗ってもらっていましたし問題なく来られました。厩舎に戻ってきてからも順調です。

最終追い切りが終わってからも、まだ競馬まで時間がありますからね。あとは無事に送り出せれば、と思っています。アパパネはオークスを使うので中間はフラットコースで乗りましたが、その効果もあってか体がシャープになって長いところに行けるという感じに変わりました。アーモンドアイは帰厩後のカイ食いも良いですし、むしろこちらの方が筋肉量が増えたかなと思います。

アーモンドアイの父はロードカナロアで短距離で走った馬ですが、母がフサイチパンドラで長いところをこなしていますし、この馬自身気持ちに余裕があるのでレースで折り合いさえ欠かなければ距離は問題ないと思います。アパパネのときも何とかなると思っていましたが、この馬も同じような感じです。競馬なので包まれたり競られたりすることもあるかもしれませんが、これまでのような競馬ができれば大丈夫かなと思っています。

乗り方もこれまでと同じような感じになると思いますが、あとはそのときのペース次第でしょう。できればペースが上がってくれれば、と思います。アパパネ以来の桜花賞、オークス制覇が懸かっていて人間が硬くなっていますが、レース後に笑顔を見せられればと思っています」

【ルメール騎手のコメント】
「今週の追い切りは馬がリラックスして良い反応をしましたし、息も入って良い動きでした。2コーナーでゆっくり過ぎたので、ゴール後にもう少し伸ばしました。今週はオークスという大きなレースなのでトップコンディションが必要ですが、馬の状態は良いですし大丈夫そうです。前走は本当に強かったですし、僕はただのパッセンジャーでした。直線では自分からすごく良い脚を使いましたし、切れのある走りをしますね。後ろのポジションから一人勝ちでした。

特別な牝馬だと思いますし、もちろんオークスを勝つ自信があります。去年はソウルスターリングで自信がありましたけど、桜花賞で負けていましたし距離2400も少し心配していました。今回は距離の心配はありませんし桜花賞も勝っているので、日本一だと思います。レースでもリラックスしていてとても乗りやすいですし、どこのポジションにもいけます。大体完璧な馬です。スタートはあまり速くないのでいつも後ろのポジションになりますが、段々ペースが流れて直線ですごく良い脚を使うので心配はしていません。もしスタートが遅くても問題ないと思います。

瞬発力が強いところがこの馬の強味です。直線では手前を替えますが、ずっと加速してスピードアップできます。残り300メートルでずっと加速できるのは、珍しいことだと思います。桜花賞で手前を何度も替えていた辺りは、この馬らしいと思います。弱点はまだ見つけていません。こちらが合図を出さなくても自分から走ってくれます。手綱を押したらすぐに反応しますし、彼女は自分の仕事を知っています。強いレースホースだと思います。

レースはもちろん楽しみですが、G1なので勝つのは難しいです。他に良い馬がいますし、例えばラッキーライラックはリベンジをしにきます。スムーズな競馬がしたいですね。オークスが行われる5/20は、僕の誕生日です。だからもちろん、大きなプレゼントが欲しいですね。そうしたらすごく喜んでいると思います」

●前走、スイートピーステークスで3着だったゴージャスランチ(牝3、美浦・鹿戸雄厩舎)は、横山典弘騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F68.8-52.6-38.8-12.9秒をマークした。

【鹿戸雄一調教師のコメント】
「前走はスムーズに行かないところがありましたが、よく盛り返して脚を使っていましたし強い内容だったと思います。ジョッキーも折り合いをつける良い練習になった、と話していました。まだ1勝馬ですし大きなことは言えませんが、馬が1戦ごとに力を付けていますし出走できれば楽しみはあります」

●前走、桜花賞で4着だったトーセンブレス(牝3、美浦・加藤征厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F84.0-67.4-52.4-38.2-12.9秒をマークした。

【加藤征弘調教師のコメント】
「今週の追い切りは馬に落ち着きがありましたし、非常にリラックスして良いストライドで走れていたと思います。レース当該週なので、あまり気持ちを乗せ過ぎないように主眼を置いて調整しました。この馬を管理させていただいてからずっと、距離を延ばすか延ばさないかは別として、常に馬が落ち着けるような調教をしてきたつもりです。この母系はずっと管理させていただいていますが、競馬を使い込むとイラつくというか気持ちが乗り過ぎるような血統が入っているので、その辺りは十分気を付けて管理してきたつもりです。

前走も阪神ジュベナイルも思ったより枠が内目になって他馬に囲まれる形になったので、直線で外に出すまで少し時間がかかったレースだったなと思いました。桜花賞後は、フラワーカップの1ヶ月くらい前から在厩で調整を進めました。厩舎に置けば置くほど落ち着いてきた感じで、短期放牧に出さず在厩している方が落ち着く時間が長くなってきたような気がします。あまり入れ替えを激しくしない方が落ち着くタイプなのかもしれません。桜花賞から帰ってきてからも馬体の回復が早かったですし、今回は非常に精神的に落ち着いていてカイバもしっかり食べているので、460キロを切らないくらいで出走できるのではないかと思っています。阪神に2回輸送して特に馬体重の変動がなかった馬ですし、府中までの輸送に関しては全く心配していません。

今回は戦略的に少し工夫して、もう少しゆったり走れるような位置取りで競馬をしようか、とは考えています。過去もそういう形の競馬をしていますけど、より一層囲まれたくはないですね。あまり内目の枠は好ましくありませんが、もし内目を引いたときは最初の2ハロンくらいをゆったり下げていくという戦法も取れますし、その辺りは枠の並びが決まってから臨機応変に対応できると思います。

初戦の中山では、かなりぬかるんだ馬場で坂をあれだけの勢いで上がって来られましたし、普段の調教のときもウッドチップがかなり重い馬場でも脚を取られるようなことのない馬なので、もし道悪になっても問題はありません」 【柴田善臣騎手のコメント】
「1週前追い切りで乗りましたが、前走を使う前の状態と比べてアップしているような感じでした。息遣いも良かったですし、精神面が成長してドシッと構えているようでした。初戦は返し馬のときから少し怪しい感じがあったので、出遅れ気味に出てくれた方がレースをしやすいなというイメージがありました。その通りに出遅れてくれたので良かったですけど、他馬と一緒に出ていたらどうなっていたか分からなかったと思います。初戦の前の調教で乗ったとき、これは結構な馬なので大事にしていきたい、と思いました。思っていたより成長が遅いようですが、ここにきて体力も精神も追いついてきた感じがします。先々はもっと良くなると思います。

距離はみんな同じ条件ですし、未知の領域なのでやってみないと分からないと思っています。肉体的にも精神的にも良い状態で臨めると思っています。スタンド前からのスタートが少し心配ですが、元々ゲートでバカなことをする馬ではありませんし、ここにきて精神的にドシッとしてきたので大丈夫だろうと思っています。

今回のメンバーに何回か負けていますが、この馬も成長していますし追いつければと思っています。自分の馬も能力がありますし、2400はみんな走ったことがないのでその辺りで楽しみです。スタートからリズム良く走れれば末脚を使えるので、落ち着いて臨ませてあげたいです。馬の邪魔にならないように乗ります」

●前走、フローラステークスで2着だったパイオニアバイオ(牝3、美浦・牧厩舎)は、北村宏司騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F66.6-51.9-38.7-12.8秒をマークした。

【牧光二調教師のコメント】
「今週の追い切りはジョッキーに任せていましたし、予定通り馬なりの調整でした。馬の雰囲気は良いですし、言うことはありません。体調面は万全です」

【北村宏司騎手のコメント】
「先週の1週前追い切りは併せ馬で、2番手から折り合いなど確認しつつ終いを伸ばしました。レース間隔があいている訳ではありませんし、先週しっかりめにやれているので、今週は体と気持ちを保つ感じで落ち着いて走らせることができました。ここまで順調にきていると思います。少し体が起きて走る感じでフォームに特徴がありますが、考えて乗ってあげれば体を上手く使えると思いますし、距離2400でもいろいろな競馬ができそうです」

●前走、桜花賞で5着だったマウレア(牝3、美浦・手塚厩舎)は、嶋田純次騎手を背に(レースでは武豊騎手が騎乗予定)南ウッドチップコースで追われ、5F68.4-53.1-38.6-12.8秒をマークした。

【手塚貴久調教師のコメント】
「今週の追い切りは、準オープンの馬を先行させてその内に潜り込んで終い重点でやりました。反応が良かったですし動きも良く体調も維持できているので、レースに向けて良い状態かと思います。前走後は諸事情があって2週間ほど栗東に滞在していましたが、向こうで割りとリフレッシュできたかと思っています。

この中間は少し歯替わりがありましたが、今は落ち着いているようですし問題なくきています。美浦に戻ってきてからは、オークスから逆算して追い切りを始めて立ち上げていきましたが、順調に対応していますし状態自体問題はないと思っています。馬体重は前走と同じくらいで出られれば、と思っています。桜花賞のときは前日まではしっかり体重がありましたが、レース当日に栗東から阪神までの輸送で若干減りました。今回は美浦から東京までの輸送なので少し減るでしょうし、その分しっかり蓄えておければと思います。

2連勝したあとG1で惜しい競馬をして、年明けにはクイーンカップに出走して順調に使ってはきていますが、相手もあることですしここ数戦は勝ち切れないレースが続きました。この子のパフォーマンスとしては、決してポカがあったりとかいうことではないと思っています。確かに今回もメンバーが強いと思いますが、この子の力を十分生かせるような仕上げにはしていきたいと思っていますし、実際に今はそういう感じできています。オークスという大舞台で好戦しておかしくない中身だと思っています。

姉のアユサンとよく比較されますが、体がアユサンの方が大きかったですけど体質面はこの子の方が芯があるなと思っています。姉よりも体が小さいですけど、姉より気の強さがあるのではないかと思いますし、それがポカのない成績に繋がっているのではないかと思います。アユサンのオークスのときも期待していましたが、当日にかなりイレ込んでしまいました。この子は桜花賞で姉のところまで辿り着けなかったので、オークスは姉以上であればいいかなと思っています。そうなる素材ではあると思っていますし、しっかり仕上げようと思います。

正直、桜花賞の上位2頭は強いと思います。実際に手合わせしてみて、何で?と思うところもありました。ただやるからには、どこかに付け入る隙を探ってひと泡吹かせたいなという気持ちではありません。ジョッキーも豊君ですしその辺りは考えて乗ってくれるのでは、と思っています」

●前走、水仙賞を勝利したロサグラウカ(牝3、美浦・尾関厩舎)は、戸崎圭太騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、4F53.7-39.1-12.5秒をマークした。

【尾関知人調教師のコメント】
「今週の追い切りは、3頭併せの1番後ろから追いかけて真ん中に入る形でやりました。まだ実戦のキャリアが少ないので精神的なタフさを求める内容の追い切りをしましたが、問題なく走れていました。先週はG1馬の胸を借りてやりましたし今週もこの形でやって、タフなレースに対応できるように、且つオーバーワークにならないようにやりました。

まだこれからの馬ですが、現状での力を出せるようにコンディション重視で調整して、良い感じできていると思います。ただ先週もそうでしたが、追い切りでは少しズブくなっているのか並びかけようとするところでスッといきません。並んでしまえば良い反応をしますし、今週の追い切りをやってちょうど良くなると思います。

前2走で乗ったジョッキーも乗りやすいと話していましたし、手前も替えられて走りのバランスが良い馬です。スタートが速いタイプではありませんし、東京2400という条件は良いのではないかと思っています。まだローカルと中山の土曜日でしか走ったことがないので、G1の大観衆の前でどんな精神状態でいられるかは気になります。

父親がルーラーシップで距離ももちそうですし、母親の血統である薔薇の一族はオークスでよく走っているので、その後押しを受けて頑張ってくれればと思います」

ゴージャスランチ

オークスに向けて追い切りを行うゴージャスランチ

トーセンブレス

オークスに向けて追い切りを行うトーセンブレス

パイオニアバイオ

オークスに向けて追い切りを行うパイオニアバイオ

マウレア

オークスに向けて追い切りを行うマウレア

ロサグラウカ

オークスに向けて追い切りを行うロサグラウカ