競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【オークス】リリーノーブル川田「得意ではない距離」で逆転狙う
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 今週は2つの高気圧が列島を覆うので、3場ともほぼ晴れそう。ただし日曜の関東は...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のJBCスプリントも、グレイスフルリープに騎乗したルメール騎手が制し...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年05月16日(水)更新

【オークス】リリーノーブル川田「得意ではない距離」で逆転狙う

ニュース提供:競馬ラボ

リリーノーブル

リリーノーブルについて語る川田騎手

16日、オークス(G1)の追い切りが栗東トレセンで行われた。

前走、桜花賞で3着だったリリーノーブル(牝3、栗東・藤岡健厩舎)は、レースでも騎乗する川田将雅騎手を背にCWコースで6F79.3-62.6-49.3-36.4-11.8秒をマークした。

【川田将雅騎手のコメント】
「最終追い切りは2コーナーから出て、単走で終いはある程度やってくれということで、感覚を見ながらどの程度やるか考えてほしいということでした。どうしてもテンションが高くなりやすい子ですし、レースでも進みすぎるところがあるので、前回の桜花賞でもすごくいい状態でつくっていただいて、折り合いに関しては問題なく競馬を進めることができました。今回2400mに距離が延びますから、あらためてどういう気分で過ごしているのかというところが一番のポイントでした。さらに落ち着きも出ましたし、走っている内容も良くなっているので、桜花賞よりもいい状態で来られていると思います。

(桜花賞は)枠的にも外めを回らざるを得ない展開になりましたし、それでもしっかりと我慢が利いて直線も自分の脚を使うことができて、阪神ジュベナイル、チューリップ賞と振り返ってもラッキーライラックとの差を詰めることができました。枠順が違えばもう少し近づけたかなと思うような、いい内容で走ってくれたと思います。チューリップ賞から比べて非常に穏やかに走ることできましたし、しっかり我慢することができたので1600mに関しては折り合いに心配がなかったので、終わってすぐ『これならオークスでも』という話になりましたので、そこが収穫だと思います。

(オークスの)距離が得意という馬のほうが少ないと思いますし、3歳牝馬同士ですから、うまいこと我慢してくれて自分の脚をしっかり使えるようなレースの流れになってくれればと思います。正直、距離が伸びていいタイプではないと思います。前向きすぎるところをしっかりコントロールできるようになって1600mでいい走りができるようになったので、2400mが合うとは全く思っていません。勝手にそういう(前に馬を置いて運ぶ)形になると思います。

桜花賞馬(アーモンドアイ)の勝ちっぷりは衝撃的でしたし、一緒にレースに乗っていてあまりにも強かったので、ラッキーライラックを目指しての桜花賞だったんですけれども、結果もう1頭強いのがいたなという印象でした。本当に強いなと思います。この馬にとって一番いい競馬になってくれればと思います。雨が降った湿った馬場も心配ですね。決していいとは思えないですけど、大きなマイナスでもないと思うので、やってみないとわからないなというところです。非常に良い状態でここまで来られていますし、得意ではない距離にはなりますけど、何とか我慢してもらって能力を発揮していい競馬をしたいと思います。

リリーノーブル