競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ヴィクトリアM】昨年3着のジュールポレールが激戦制す!リスグラシュー2着
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 平成最後となる今年の日本ダービー。ファンの皆さんが最も頭を悩ませているのは、...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 大型連休に入る直前の金曜日(4月27日)、一杯やりながら南北会談や次官辞任の...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年05月13日(日)更新

【ヴィクトリアM】昨年3着のジュールポレールが激戦制す!リスグラシュー2着

ニュース提供:競馬ラボ

ジュールポレール

5月13日(日)、2回東京8日目11Rで第13回ヴィクトリアマイル(G1)(芝1600m)が行なわれ、幸英明騎手騎乗の8番人気・ジュールポレール(牝5、栗東・西園厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:32.3(稍重)。

2着にはハナ差で1番人気・リスグラシュー(牝4、栗東・矢作厩舎)、3着にはクビ差で7番人気・レッドアヴァンセ(牝5、栗東・音無厩舎)が続いて入線した。

好スタートを切った中からカワキタエンカがハナを奪う。レーヌミノル、リエノテソーロ、レッドアヴァンセがこの直後。そう差がなく内からレッツゴードンキ、ラビットラン、アエロリット、その後ろにミスパンテール、ジュールポレールと続き、この辺りまでが一団の先行集団。そして縦長にソウルスターリング、アドマイヤリード、デンコウアンジュ、リスグラシュー、エテルナミノル、メイズオブオナー、ワントゥワン、デアレガーロと追い込み勢が中団待機。最後方に出遅れたクインズミラーグロ。
直線に入ると先行勢が横並びになって激しく追い比べ。その外から手応え良く交わしていったのがレッドアヴァンセで、その後方外からジュールポレールとリスグラシューが猛追。渋太く粘るレッドアヴァンセを外の2頭が交わしたところでゴールイン。

勝ったジュールポレールは昨年のヴィクトリアM(G1)で3着と激走。その後、自己条件の秋風Sを勝利して以降はエリザベス女王杯(G1)で16着、阪神牝馬S(G2)で5着とライバル馬達の後塵を拝していたが、大舞台で見事に巻き返した。重賞初勝利がG1となった。半兄には同じ西園厩舎が管理していたG1馬サダムパテックがいる。馬主は株式会社G1レーシング、生産者は白老町の(有)社台コーポレーション白老ファーム。馬名の意味由来は「白夜(仏)」。

ヴィクトリアマイルの結果・払戻金はコチラ⇒

1着 ジュールポレール(幸騎手)
「ここまで重賞を勝てるチャンスがありながら、なかなか勝たせてあげられなかったので、勝ててよかったです。馬場悪化は悪くないと思っていました。ちょうど良かったですね。最後いい脚を使うので、動ける位置を取りました。最後まで必死でした。外からユタカさんが来て、「どっちや?」と聞かれ「分かりません」と答えました(笑)。これをキッカケに更に上にいけると思います」

  • ジュールポレール
  • (牝5、栗東・西園厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:サマーナイトシティ
  • 母父:エリシオ
  • 通算成績:14戦6勝
  • 重賞勝利:
  • 18年ヴィクトリアマイル(G1)

ジュールポレール

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。