競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ヴィクトリアM】リスグラシュー悲願へ武豊「一番勝つチャンスがあるG1」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 平成最後となる今年の日本ダービー。ファンの皆さんが最も頭を悩ませているのは、...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 大型連休に入る直前の金曜日(4月27日)、一杯やりながら南北会談や次官辞任の...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年05月09日(水)更新

【ヴィクトリアM】リスグラシュー悲願へ武豊「一番勝つチャンスがあるG1」

ニュース提供:競馬ラボ

リスグラシューについて語る武豊騎手

リスグラシューについて語る武豊騎手

9日、ヴィクトリアマイル(G1)の追い切りが栗東トレセンで行われた。

ヴィクトリアマイルの総力特集はコチラ⇒

前走、阪神牝馬Sで3着だったリスグラシュー(牝4、栗東・矢作厩舎)は、坂路で最終追い切り。不良馬場で54.4-39.9-25.6-12.2秒をマークした。レースで騎乗する武豊騎手のコメントは以下の通り。

「(騎乗停止明けで今週から復帰)ワクワクしています。レースは見ていましたよ。乗れないのは悔しかったですけど、じっくり競馬を見る機会はあまりないので、36レース見ていました。(リスグラシューの前走は)メンバー的にスローペースになるだろうなとは思っていたんですけど、あまり器用さがある馬ではないので、思った以上に遅いペースになってしまったのも響いた3着でした。ただ、走り自体はすごく良かったので、そんなに悪いレースではなかったと思います。

(1週前追い切りに騎乗)もともと調教はすごく走る馬なんですけど、すごくいい動きで、タイムも思った以上に速くていい走りをしていました。昨年の今ごろと比べると馬がすごくパワーアップしたなと感じますし、調教も以前よりさらに動くので、体調がいいんでしょうね。気持ちよさそうに走っていました。今週は乗っていないですけど、(時計的にも)それほどやらないと言っていたので、予定通りの調整ができたんじゃないですかね。状態はいいと思います」。

いろんな距離で走っていますけど、結果が出ていますし、1600mが一番合っていると思います。もともと東京に行くとイレ込むんですけど、結果が出ているので良い舞台だと思います。しかも牝馬限定なので、この馬にとってはG1で一番勝つチャンスがあるレースだと思いますし、悲願のG1なので今回は大きなチャンスだと思っています。スタートは相変わらず不安定なんですけど、3歳の春は馬込みに入ると走りをやめてしまうところが少しありました。今年の2戦では馬込みに入ってもそんなことはなくて、全く問題なくなりましたね。レースに幅は出ました。ゲート内の駐立があまりできないので、いつも不安は抱えています。

もちろん牝馬限定のG1は少ないので、ここを目標にしている馬たちばかりだと思います。今は牝馬の強い馬が多いのでなかなか勝つことは難しいと思いますけど、この馬ももう少しで手が届くところまで来ているので、なんとかG1ホースにしてあげたいですね。2歳から乗せてもらって、牝馬3冠で本当に惜しいレースが続いたので、なんとか古馬になって(G1制覇を)という思いは強く持っています。この馬の力を出してあげたいという気持ちが強いですし、この馬の走りができれば十分にチャンスがあると思っています。

リスグラシュー

坂路で最終調整されたリスグラシュー