競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【天皇賞(春)】現役屈指のステイヤー・アルバート「ここでもチャンスはある」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年04月22日(日)更新

【天皇賞(春)】現役屈指のステイヤー・アルバート「ここでもチャンスはある」

ニュース提供:競馬ラボ

アルバート

長距離実績は十分のアルバート(中央)

■日曜京都11レース・天皇賞(春)(G1)1週前情報

【4/19追い切り】

アルバート(牡7、美浦・堀厩舎)・前走=阪神大賞典4着
石橋脩騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F66.1-51.9-37.6-13.7秒をマーク。

【森助手のコメント】
「先週に続いて1週前追い切りも石橋騎手が乗りましたが、前走前の追い切りのときと比べても良い走りをしていると話していましたし、ここまで順調に調整できています。前走前は少し体が重いところがありましたが、だいぶ絞れて良い状態だと思います。470キロ台で出走できれば、と思っています。前走はいつもの休み明けと比べてひと息かというところで、勝ち馬と同じような位置にいたものの少し反応が鈍い感じでした。それでも終いはまずまず脚を使ってくれましたし、休み明けとしては及第点かと思います。叩かれて良化していますし、ここでもチャンスはあると思っています」

ソールインパクト(牡6、美浦・戸田厩舎)・前走=日経賞7着
助手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F82.9-66.9-52.9-39.3-13.4秒をマーク。

【戸田博文調教師のコメント】
「前走は馬の状態は良かったですけど、1番外枠だったことが痛かったですね。ジョッキーも、外々を回らされて厳しい形になりましたと話していました。それでも最後もよく踏ん張っていたように内容は悪くなかったですし、着順ほど差も無かったと思うので悲観はしていません。1週前追い切りは併せ馬でやりましたが、使いながら馬が良くなっていますし良い状態だと思います。

今年1月の日経新春杯では結果が出せませんでしたが、正直少し太かったかと思いますし上手く噛み合わないとトボけるところがあるタイプなので、決して京都コースが合わないという訳ではないと思っています。ムラなところがありますし、凡走しても尾を引かないので気にしていません。今回は相手が強くなりますし偉そうなことは言えませんが、3000以上の距離があることは魅力です。ジョッキーは福永騎手を予定しています」

ソールインパクト

距離は魅力ソールインパクト