競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【天皇賞(春)】栄光の盾を目指しシュヴァルグラン、クリンチャーら17頭が登録
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

上田琢巳のラップトリック  上がり35秒1→35秒2→37秒6の先行、好位勢によるワンツースリー。これ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 昨5日は24節気で言えば「清明」。これから20日の穀雨までは、すべてが清々し...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年04月15日(日)更新

【天皇賞(春)】栄光の盾を目指しシュヴァルグラン、クリンチャーら17頭が登録

ニュース提供:競馬ラボ

シュヴァルグラン

メンバー唯一のG1馬シュヴァルグラン

4月29日(日)、京都競馬場で行われる第157回天皇賞(春) (G1) (4歳上 国際 指定 定量 芝3200m)の登録馬が発表された。

天皇賞(春)のネット新聞・登録馬詳細データはコチラ⇒

春の盾を連覇した王者キタサンブラックがターフを去り、今年は混戦模様を呈している。近年は2000mのG1でも好走経験がある馬が多く好走しているように、スタミナだけではなくスピードも問われるこのレース。大阪杯を制したスワーヴリチャードこそ出走しないものの、ハイレベルな熱戦が期待される。

一昨年3着、昨年2着と年々着順を上げてきているシュヴァルグラン(牡6、栗東・友道厩舎)が悲願の天皇賞制覇に燃えている。前走大阪杯は距離不足もあっただけに、参考外の一戦。2度連続3000mは馬に負担が大きいとして、あえて今年は大阪杯から始動しただけに、万全の仕上がりで臨むだろう。

今年の京都記念でダービー馬レイデオロを倒したクリンチャー(牡4、栗東・宮本厩舎)は前走阪神大賞典で3着に敗れたが、前半から引っ掛かり体力を消耗した影響は大きかっただろう。鞍上の名手・武豊騎手が2度目の騎乗となる今回。『平成の盾男』が騎乗するのは何とも魅力的だ。

その阪神大賞典を制したのがレインボーライン(牡5、栗東・浅見厩舎)。昨年末の有馬記念は緩いペースも影響し8着に敗れたが、厳しい流れだった阪神大賞典で巻き返したように、厳しい流れに強いことを改めて証明してみせた。昨年のこのレースは12着だったものの、外枠が影響した部分もあるだろう。初G1制覇の期待が掛かる。

上がり馬ガンコ(牡5、栗東・松元茂厩舎)にも要注意。昨年末から本格化し4戦3勝。勢いに乗っている。距離延長はドンと来いという配合でもあり、3200mに何ら不安がなさそうなのは大きい。父ナカヤマフェスタの名を高める走りを期待したい。

厳しい流れだった阪神大賞典で2着だったサトノクロニクル(牡4、栗東・池江寿厩舎)、そして前走日経賞でいかにも休み明けが影響したトーセンバジル(牡6、栗東・藤原英厩舎)ら強豪たちが集う天皇賞(春)の登録馬と想定騎手は以下の通り。

アルバート 58 C.ルメール
カレンミロティック 58 池添
ガンコ 58 藤岡佑
クリンチャー 58 武豊
サトノクロニクル 58 川田

シホウ 58 浜中
シュヴァルグラン 58 H.ボウマン
スマートレイアー 56 ○○
ソールインパクト 58 福永
チェスナットコート 58 蛯名

トウシンモンステラ 58 ○○
トーセンバジル 58 M.デムーロ
トミケンスラーヴァ 58 秋山
ピンポン 58 ○○
ミッキーロケット 58 和田竜

ヤマカツライデン 58 松山
レインボーライン 58 岩田

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。